Santa Lab's Blog


「曽我物語」鎌倉の家の事(その1)

さて、すけ殿、北の御方取り奉りし江間の小四郎こしらうも討たれけり。跡を北条ほうでう四郎しらう時政ときまさに賜はり、さてこそ、江間の小四郎ともまうしけれ。この外、討たるるさぶらひども、相模の国には、波多野はだの右馬允むまのじよう大庭おほば三郎さぶらう、海老名の源八、荻野の五郎ごらう上総かづさの国には、上総介かづさのすけ陸奥みちの国には、秀衡ひでひらが子どもを始めとして、国々の侍五十余人ぞ討たれける。また、平家には、屋島の大臣殿おほいどの右衛門督ゑもんのかみ清宗きよむね、本三位ざんみ中将ちゆうじやう重衡しげひらを先とし、あるいは、斬られ、自害するやからしるすに及ばず。




さて、佐殿(源頼朝)の、北の方(伊東祐親すけちかの三女、八重姫)を娶った江間小四郎(北条義時よしときではない)も討たれました。その跡(遺子)を北条四郎時政(北条時政)に賜わり、そういう訳で、(北条義時を)江間小四郎と申しました(北条義時の母は、伊東入道=伊東祐親。の娘らしいが八重姫かどうかは不明)。このほか、討たれた侍どもは、相模国には、波多野右馬允(波多野義常よしつね)、大庭三郎(大庭景親かげちか)、海老名源八(海老名季貞すゑさだ)、荻野五郎(荻野俊重とししげ。海老名季貞の子らしい)、上総国には、上総介(上総広常ひろつね)、陸奥国には、秀衡(藤原秀衡)の子ども(藤原国衡くにひら、藤原泰衡やすひら)をはじめとして、国々の侍五十余人が討たれました。また、平家では、屋島の大臣殿(平宗盛むねもり。平清盛の三男)、右衛門督清宗(平清宗。平宗盛の長子)、本三位中将重衡(平重衡。清盛の五男。重衡は南都衆徒に引き渡され斬首された)を先とし、あるいは、斬られ、自害する者どもは、記すまでもありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-07-01 05:36 | 曽我物語

<< 「曽我物語」鎌倉の家の事(その2)      「曽我物語」祐清、京へ上る事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧