Santa Lab's Blog


「徒然草」序段

つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、心に移り行く由無し事を、そこはかとなく書き付くれば、怪しうこそ物狂ほしけれ。




暇をもてあまして、日を暮らすのもどうかと、何とはなしに硯に向かい、心に浮かぶままに由無し事([とりとめもないこと])を、あれやこれやと書き付ければ、不思議なことに筆が止まらなくなりました。


[PR]
by santalab | 2015-07-30 08:52 | 徒然草

<< 徒然草      「曽我物語」館回りの事(その4) >>
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧