Santa Lab's Blog


「太平記」将軍薨逝の事(その3)

去るほどに今年はいかなる年なれば、京都と鎌倉と相同じく、柳営りうえい連枝れんしたちまちに同根空しく枯れ給ひぬれば、誰か武将に備はり、四海しかいの乱をも可治と、あやふき中にうれへありて、世上今はさてとぞ見へたりける。




思えば今年(貞治ぢやうぢ六年(1367))はどんな年であったのでしょうか、京都(足利義詮よしあきら)と鎌倉(足利基氏もとうぢ。義詮の弟)は年を同じくして、柳営([幕府])の連枝([貴人の兄弟姉妹])がたちまちに同根([兄弟])ともに空しく薨逝こうせい([薨去]=[皇族または三位以上の貴人の死去すること])したので、誰が武将の器を備え、四海([全国])の乱を治めることができるのだろうと、心配の中で悲しみに満ちて、世の中はどうなることかと思われました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-10-29 13:13 | 太平記 | Comments(0)

<< 「増鏡」烟の末々(その11)      「太平記」将軍薨逝の事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧