Santa Lab's Blog


「太平記」奥州下向勢逢難風事(その2)

これによつて第八の宮の今年七歳にならせ給ふを、初冠うひかうむり召させて、春日の少将せうしやう顕信あきのぶ輔弼ほひつとし、結城ゆふき入道道忠みちただ衛尉ゑゐとして、奥州あうしうへぞ下し参らせられける。これのみならず新田左兵衛義興よしおき・相摸次郎時行ときゆき二人ににんをば、「東八箇国を打ちたひらげて宮に力をへ奉れ」とて、武蔵相摸の間へぞ下されける。陸地くがちは皆敵強うしてとほり難しとて、この勢皆伊勢の大湊おほみなとに集まつて、船を揃へ風を待ちけるに、九月十二日のよひより、風止み雲をさまつて、海上殊にしづまりたりければ、舟人ふなうどともづなを解いて、万里の雲に帆を飛ばす。兵船五百余艘よさう、宮の御座舟を中に立てて、遠江の天竜灘を過ぎける時に、海風にはかに吹き荒れて、逆浪さかなみたちまちに天を巻きまきかへす。あるひはほばしらを吹き折られて、弥帆やほにて馳する舟もあり。あるひはかぢを掻きりて廻流くわいりうに漂ふ船もあり。




こうして後醍醐天皇(九十六代天皇)の第八皇子は今年七歳になっておられましたが、初冠([元服して初めて冠をつけること])させて、春日少将顕信(北畠顕信)を輔弼([天子の政治をたすける人])とし、結城入道道忠(結城宗広むねひろ)を衛尉([宮門警備の衛士の長官])として、奥州へ下されました。これらの者のみならず新田左兵衛義興(新田義興。新田義貞よしさだの次男)・相摸次郎時行(相摸時行。相模宗鑒そうかんの次男)二人に、「東八箇国を打ち平らげて宮に力を副えよ」と申されて、武蔵相摸に下しました。陸地は皆敵は強く通り難しと、この勢は皆伊勢の大湊(現三重県伊勢市)に集まって、船を揃え風が止むのを待っていましたが、九月十二日の宵より、風は止み雲も切れて、海上はすっかり静まったので、舟人は纜([船尾にあって船を陸につなぎとめる綱])を解いて、万里の雲に帆を上げました。兵船五百余艘は、宮の御座舟を中に立てて、遠江の天竜灘(遠州灘。現静岡県の御前崎から愛知県の伊良湖岬まで)を過ぎていましたが、海風が急に吹き荒れて、逆浪がたちまち立ちました。ある船は帆柱を折られて、弥帆([和船のへさきの方に張る小さい帆])で進む船もありました。ある船は舵が折れて廻流に漂う船もありました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-03 10:39 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」奥州下向勢逢難風事(...      「太平記」奥州下向勢逢難風事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧