Santa Lab's Blog


「太平記」頼員の事(その1)

謀反人の与党よたう土岐とき左近蔵人さこんくらうど頼員よりかずは、六波羅の奉行ぶぎやう斉藤太郎左衛門さゑもんじよう利行としゆきが娘として、最愛したりけるが、世の中已に乱れて、合戦出で来たりなば、千に一つも討ち死にせずと云ふ事あるまじと思ひける間、兼ねて名残りやしかりけん、ある夜の寝覚めの物語に、「一樹の陰に宿り、同じ流れを汲むも、皆これ多生たしやうの縁不浅、いはん相馴あひなれ奉つて已に三年みとせに余れり。等閑なほざりならぬ心ざしの程をば、気色に付け、折に触れても思ひ知り給ふらん。さても定めなきは人間の習ひ、相逢ふ中の契りなれば、今もし我が身はかなく成りぬと聞き給ふ事あらば、なからん跡までも貞女の心を失はで、我が後世を問ひ給へ。人間に帰らば、再び夫婦の契りを結び、浄土じやうどに生まれば、同じはちすうてなに半座を分けて待つべし」と、その事と無く掻きくどき、泪を流してぞまうしける。




謀反人の与党、土岐左近蔵人頼員(土岐頼員)は、六波羅奉行斉藤太郎左衛門尉利行(斎藤利行)の娘婿となり、最愛していましたが、世の中はすでに乱れて、合戦が起これば、千に一つも討ち死にしないことはないと思っていました、また名残りを惜しんでか、ある夜の寝覚めの物語に、「一樹の陰に宿り、同じ流れを汲むも、皆これ多生の縁([この世に生まれ出るまで、何度も生死を繰り返している間に結ばれた因縁])浅からず、言うまでもないが慣れ親しんですでに三年に余る。浅くはない心ざしのほどは、振る舞い、折につけて分かっておるであろう。にしても定めのないのが人間というもの、契り浅からずは、今もしわたしがはかなくなったと聞くことあらば、亡き後までも貞女の心を失わず、我が後世を弔ってくれ。もし人間に帰ったならば、再び夫婦の契りを結び、浄土に生まれれば、同じ蓮の台に半座を分けて待って折るぞ」と、それとはなく語り、涙を流しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-16 09:18 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」頼員の事(その2)      「曽我物語」富士野の狩場への事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧