Santa Lab's Blog


「太平記」黒丸城初度軍の事付足羽度々軍の事(その1)

新田左中将さちゆうじやう義貞よしさだ朝臣、去る二月の始めに越前ゑちぜんの府中の合戦に打ち勝ち給ひし刻み、国中の敵の城七十しちじふ余箇所を暫時に攻め落として、いきほひまた強大かうだいになりぬ。この時山門の大衆、皆旧好きうかうを以つて内々心を通はせしかば、先づかの比叡山に取り上りて、南方の官軍くわんぐんに力を合はせ、京都を攻められん事は無下に容易かるべかりしを、足利尾張をはりかみ高経たかつね、なほ越前の黒丸のじやうに落ち残りてをはしけるを、攻め落とさで上洛しやうらくせん事は無念なるべしと、詮なき小事に目を懸けて、大儀を次に成されけるこそうたてけれ。




新田左中将義貞朝臣(新田義貞)は、去る(延元二年(1337))二月の始めに越前の府中の合戦に打ち勝った時、国中の敵(足利尊氏)の城七十余箇所をあっという間に攻め落として、勢いはまた強大になりました。この時山門(比叡山)の大衆([僧])は、皆旧好([昔からのよしみ])により内々心を通わせたので、まずは比叡山に上り、南方(南朝)の官軍と力を合わせ、京都を攻めれば戦に勝つことは容易いことでしたが、足利尾張守高経(足利高経)が、まだ越前の黒丸城(現福井県福井市黒丸城町)に落ち残っていたのを、攻め落とさずに上洛するのは無念だと、つまらない小事を気にかけて、大儀を次にしたのは愚かなことでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-29 10:42 | 太平記 | Comments(0)

<< 「曽我物語」富士野の狩場への事...      「曽我物語」富士野の狩場への事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧