Santa Lab's Blog


「太平記」主上・上皇為五宮被囚給事付資名出家の事(その2)

かくの如き今まで付き纏ひまゐらせたる卿相雲客けいしやううんかくも、ここかしこに落ち留つて、出家遁世して退散しける間、今は主上しゆしやう・春宮・両上皇の御方様とては、経顕つねあき有光ありみつきやう二人ににんより外は供奉ぐぶ仕る人もなし。その外は皆見馴れぬ敵軍に前後を被打囲て、怪しげなる網代あじろの輿に被召て、都へかへり上らせ給へば、見物の貴賎巷に立つて、「あら不思議や、去年先帝を笠置かさぎにて生け捕りまゐらせて、隠岐の国へ流し奉りしその報い、三年みとせうちに来たりぬる事の浅ましさよ。昨日きのふ他州たしうの憂へと聞きしかど、今日けふは我が上の責めに当たれりとは、加様かやうの事をや申すべき。この君もまた如何なる配所へか被遷させ給ひて宸襟しんきんを被悩ずらんと、心あるも心なきも、見る人毎に因果歴然いんぐわれきぜんことわり感思かんしして、袖を濡らさぬはなかりけり。




こうして今まで付き従ってきた卿相雲客([公卿・殿上人])も、あちらこちらに落ち留まり、出家遁世していなくなってしまいました、今は主上(北朝初代光厳くわうごん天皇)・春宮(豊仁ゆたひと親王。光厳天皇の弟)・両上皇(第九十三代後伏見院、第九十五代花園院)の方には、経顕(勧修寺経顕)・有光卿(六条有光)二人のほかは供をする人もいませんでした。そのほかの者たちは見慣れぬ敵軍(後醍醐天皇方)に前後を取り囲まれて、粗末な網代輿([屋形を牛車に似せた輿])に乗って、都へ返されました、見物の貴賎の者たちは巷([路地])に立って、「それにしても不思議なことよ、去年先帝(第九十六代後醍醐天皇)を笠置山(現京都府相楽郡)で生け捕られて、隠岐国へ流された報いを、三年の内に受けられるとは情けないこと。昨日は他州の悲しみと聞いて、今日は我が身が責めに遭うとは、このようなことを申すのでしょう。この君(光厳天皇)もまたどのような配所に遷されて宸襟([天子の心])を悩ませられることでしょうか、と心ある者もない者も、見る人は因果歴然([因果の道理は、歴然=紛れもなくはっきりしているということ])の道理を思って、袖を濡らさぬ者はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-10 07:52 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記 」千葉屋城寄手敗北の...      「曽我物語」館回りの事(その14) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧