Santa Lab's Blog


「太平記」山名伊豆守落美作城事付菊池軍事(その4)

さるほどに倉懸のじやうには人おほくして、兵粮少なかりければ、戦ふ度にいくさ利ありといへども、後攻ごづめの頼みもなく、食尽き矢種やだね尽きければ、力なく十一月四日つひに城を落ちにけり。これより山名山陰道せんおんだう四箇国しかこくを合はせて勢いよいよ近国に振るふのみにあらず、諸国の聞こへをびたたしかりければ、世の中いかがあらんと危ふく思はぬ人もなかりけり。




やがて倉懸城(現岡山県赤磐市)は人多くして、兵粮は少なかったので、戦う度に軍に勝ちましたが、後詰め([先陣の後方に待機している軍勢])の頼みもなく、食尽き矢種が尽きて、仕方なく十一月四日遂に城を落ちました。これより山名(山名時氏ときうぢ)は山陰道四箇国を合わせて勢力をますます近国に振るうのみならず、諸国の聞こえも莫大なものでしたので、世の中はどうなることかと思わぬ人はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-25 19:14 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」山名伊豆守落美作城事...      「太平記」山名伊豆守落美作城事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧