Santa Lab's Blog


「太平記」笠置軍事付陶山小見山夜討事(その16)

二町にちやう許りはとかうして登りつ、その上に一段高き所あり。屏風びやうぶを立てたる如くなる岩石がんぜき重なりて、古松こしよう枝を垂れ、蒼苔さうたい路滑らかなり。ここに至りて人皆如何んともすべきやうなくして、遥かに見上げて立つたりけるところに、陶山藤三すやまとうざう、岩の上をさらさらと走り上つて、くだんの差し縄をうへなる木の枝に打ち懸けて、岩の上よりろしたるに、跡なるつはものども各々これに取り付いて、第一の難所なんじよをば安々と皆上りてげり。それより上にはさまでの嶮岨けんそなかりければ、あるひはくずの根に取り付き、あるひは苔の上を爪立てて、二時計りに辛苦しんくして、屏のきはまで着いてけり。




二町ばかりを何とか登ると、その上に一段高い所がありました。屏風を立てたように岩石が重なり、古松は枝を垂れ、青苔が生い表面はつるつるでした。ここに至って人は皆どうしようもなくなり、遥かに見上げて立っていましたが、陶山藤三(陶山義高よしたか)は、岩の上をさらさらと走り上ると、あの差し縄([馬の轡にかけて、引いたりつないだりする縄])を上の木の枝に懸けて、岩の上から下ろしました、後に続く兵は各々これに取り付いて、一番の難所を易々と皆上りました。それより上はそこまでの嶮岨はありませんでしたので、葛の根に取り付き、苔の上を爪立てて、二時ばかり苦労しながら、塀の際まで着きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-20 23:21 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」笠置軍事付陶山小見山...      「太平記」笠置軍事付陶山小見山... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧