Santa Lab's Blog


「太平記」大仏貞直並金沢貞将討死の事(その2)

貞直さだなほその兵を指し招いて、「今は末々すゑずゑの敵と懸け合つても無益むやくなり」とて、脇屋義助よしすけ雲霞の如くに控へたる真ん中へ駆け入り、一人も不残討ち死にしてかばねを戦場の土にぞ残しける。金沢武蔵のかみ貞将さだまさも、山内やまのうちの合戦に相従あひしたがふ兵八百余人被打散我が身も七箇所まで疵をかうむつて、相摸入道にふだうのおはします東勝寺とうしようじへ打ち帰り給ひたりければ、入道不斜感謝して、やがて両探題職に可被居御教書みげうしよを被成、相摸の守にぞ被移ける。貞将さだまさ一家いつけの滅亡日のうちを不過と被思けれども、「多年の所望しよまう、氏族の規模とする職なれば、今は冥途の思ひ出にもなれか」と、かの御教書を請け取つて、また戦場へ打ち出で給ひけるが、その御教書の裏に、「棄我百年命報公一日恩」とおほ文字に書いて、これをよろひ引合ひきあはせに入れて、大勢の中へ懸け入り、つひに討ち死にし給ひければ、当家も他家も押し並べて、感ぜぬ者もなかりけり。




貞直(北条貞直)は兵を招いて、「今は末々の敵と駆け合っても仕方ない」と申して、脇屋義助(新田義貞よしさだの弟)が雲霞の如く控えた真ん中へ駆け入り、一人も残らず討ち死にして屍を戦場の土に晒しました。金沢武蔵守貞将(金沢貞将)も、山内の合戦で従えた兵八百余人を打ち散らされて自身も七箇所の疵を負い、相摸入道(北条高時たかとき。鎌倉幕府第十四代執権)のおられる東勝寺(かつて現神奈川県鎌倉市にあった寺)に戻れば、入道(高時)はたいそう感謝して、すぐに両探題職への御教書([三位以上の公卿または将軍の命を奉じてその部下が出した文書])を作り、相摸守に就けました。貞将は一家の滅亡が今日を過ぎることはないと思いましたが、「多年所望しておった、氏族の規模([手本])とする職よ、今は冥途の思ひ出にもするか」と思って、この御教書を請け取つて、また戦場へ出てゆきました、その御教書の裏に、「我が百年の命を捨て公の一日の恩に報いる」と大きく文字に書いて、これを鎧の引合せ([鎧や腹巻き・胴丸・具足類で、着脱するための胴の合わせ目])に入れて、大勢の中へ懸け入り、終に討ち死にしました、当家も他家も、貞将を誉めない者はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-25 23:21 | 太平記 | Comments(1)
Commented by aegean at 2018-01-03 20:56 x
文中の両探題職は六波蘿探題南方・北方を指す注釈が見受けられるが、これは一考を要する。
北条貞将は既に六波蘿探題を歴任しており、再任が多年の望みとか冥途の土産とか一族の名誉などと考えにくい。
一方、当時、編まれた鎌倉幕府の法律用語を解説した手引書に「沙汰未練書」があり、ここで「両探題職」を関東は両所。京都は六波蘿殿(六波蘿探題)と指摘し、さらに両所とは武蔵相模両国を指し、また、将軍家執権をも指すことが記述されている。
当時、連署に北条茂時が在職し、一方、第十六代執権北条守時は討ち死にしており、執権は空席であった。また、執権が任ぜられることが多い相模守に貞将が任ぜられることから、ここでいう両探題職は執権を指すと考えたほうが自然だ。
執権に任ぜられるということは、一族にとって名誉であり、冥途の土産にも多年の望みにも叶う。
因みに、北条貞将の諱の読みは「さだゆき」
詳しくは細川重男「鎌倉将軍・執権・連署列伝」吉川弘文館を参照されたし。

<< 「太平記」信忍自害の事      「太平記」大嘗会の事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧