Santa Lab's Blog


「太平記」薩多山合戦の事(その6)

これを見て門出悪しとや思ひけん、道にて馳せ付きつる勢ども一騎も不残落ち失せて、始め宇都宮にて一味同心せし勢許りに成りければ、わづかに七百騎にも不足けり。かくては如何があらんと諸人色を失ひけるを、薬師寺入道暫く思案して、「吉凶は如糾索いへり。これは何様宇都宮の大明神だいみやうじん、大将を氏子にさづけ給はん為に、斯かる事は出で来るなり。暫くも御逗留とうりう不可有」とまうしければ、諸人げにもと気をなほして路に少しのとどこほりもなく、引き懸け引き懸け打つほどに、同じき十九日の午の刻に、戸禰河とねがはを打ち渡つて、那和なわしやうに着きにけり。




これを見て門出が悪いと思ったか、道中で馳せ付いた勢どもは一騎も残らず落ち失せて、はじめ宇都宮で一味同心した勢ばかりになって、わずか七百騎にも足りませんでした。こうなってはどうにもならぬと諸人は色を失いましたが、薬師寺入道はしばらく思案して、「吉凶は糾える縄の如し([禍福は糾える縄の如し]=[幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということ])というぞ。これはきっと宇都宮大明神(現栃木県宇都宮市にある宇都宮二荒山ふたあらやま神社の祭神)が、大将を氏子(氏子周綱ちかつな)に授けるために、この事が起こったのであろう。しばらくも逗留あるべからず」と申したので、諸人はなるほどと気を取り直し道中留まることなく、引き駆け引き駆け鞭打つほどに、同じ十二月十九日の午の刻([午前十二時頃])に、利根川を打ち渡り、那波庄(現群馬県伊勢崎市)に着きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-30 16:38 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」薩多山合戦の事(その7)      「太平記」薩多山合戦の事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧