Santa Lab's Blog


「太平記」越中守護自害の事付怨霊の事(その5)

余りの不思議さに舟人ふなうどこの男の袖を引かへて、「さるにても誰人たれびとにて御渡り候ふやらん」と問ひたりければ、男答へて云はく、「我らは名越なごや遠江とほたふみかみ・同じき修理しゆりの亮・並びに兵庫ひやうごの助」と各々名乗つて、掻き消すやうに失せにけり。天竺てんぢく術婆伽じゆつばがは后を恋して、思ひのほのほに身を焦がし、我がてうの宇治の橋姫は、夫を慕ひて片敷く袖を波にひたす。これ皆上古の不思議、旧記きうきに載するところなり。まのあたり斯かる事の、うつつに見へたりける亡念まうねんのほどこそ罪深けれ。




余りの不思議さに舟人はこの男の袖を引いて、「いったいどなたでございますか」と訊ねると、男は答えて、「我らは名越遠江守(北条時有ときあり)・同じく修理亮(北条有公ありとも)・並びに兵庫助(北条助貞持さだもち)」と各々名乗って、掻き消すようにいなくなってしまいました。天竺([インド])の術婆伽は后を恋して、思いの炎に身を焦がし、我が朝の宇治の橋姫は、夫を慕いて片敷く袖を波に浸す(『さむしろに 衣かたしき 今宵もや 我をまつらん 宇治の橋姫』)。これは皆上古の不思議で、旧記に載っているものです。まのあたりこのような物が、現に見えたその亡念のほどこそ罪深いものでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-03-13 08:36 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」僧徒六波羅召捕事付為...      「太平記」僧徒六波羅召捕事付為... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧