Santa Lab's Blog


「太平記」中前代蜂起の事(その2)

相摸次郎時行ときゆきには、諏訪すは三河みかはかみ・三浦の介入道・同じき若狭の五郎・葦名あしな判官はうぐわん入道・那和なわ左近の大夫・清久きよくの山城の守・塩谷しほのや民部の大夫・工藤四郎左衛門しらうざゑもん已下いげ宗との大名五十ごじふ余人くみしてげれば、伊豆・駿河・武蔵・相摸・甲斐・信濃の勢ども不相付云ふ事なし。時行その勢を率して、五万余騎、俄かに信濃の国に打ち越えて、時日ときひを不替すなはち鎌倉へ責め上りける。渋河しぶかは刑部ぎやうぶの大夫・小山をやま判官はうぐわん秀朝ひでとも武蔵の国に出で合ひ、これを支へんとしけるが、共に、戦ひ利なうして、両人所々にて自害しければ、その郎従らうじゆう三百余人、皆両所にて被討にけり。また新田四郎上野こうづけの国利根川とねがはに支へて、これを防がんとしけるも、敵目に余る程の大勢なれば、一戦に勢力を被砕、二百余人被討にけり。懸かりし後は、時行ときゆき三方さんぱうより鎌倉へ押し寄すると告げければ、直義ただよし朝臣は事のきふなる時節をりふし、用意のつはもの少なかりければ、かくては中々敵に利を付けつべしとて、将軍の宮を具足し奉て、七月十六日の暁に、鎌倉を落ち給ひけり。




相摸次郎時行(北条時行)には、諏訪三河守・三浦介入道(三浦時継ときつぐ)・同じく若狭五郎(三浦氏明うぢあき)・葦名判官入道・那和左近大夫・清久山城守・塩谷民部大夫・工藤四郎左衛門以下主な大名五十余人が味方したので、伊豆・駿河・武蔵・相摸・甲斐・信濃の勢どもも従い付きました。時行はその勢を率して、五万余騎で、急ぎ信濃国に打ち越えて、時日を置かずたちまち鎌倉へ攻め上りました。渋河刑部大夫・小山判官秀朝(小山秀朝)が武蔵国に向かい、これを防ごうとしましたが、ともに、戦いに敗れて、両人は所々で自害したので、その郎従三百余人は、皆両所で討たれました。また新田四郎(新田義重よししげ)は上野国の利根川に支えて、これを防ごうとしましたが、敵は目に余るほどの大勢でしたので、一戦に勢力を失って、二百余人が討たれました。その後は、時行はますます大勢になって、すでに三方より鎌倉に押し寄せると告げたので、直義朝臣(足利直義。足利高氏の弟)は突然のことで、用意の兵は少なく、ここで負ければ敵はますます勝つに乗ると、将軍の宮(護良もりよし親王)を具足して、七月十六日の暁に、鎌倉を落ちて行きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-03 10:00 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」吉野城軍事(その7)      「太平記」中前代蜂起の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧