Santa Lab's Blog


「太平記」吉野城軍事(その8)

落ち行く道の軍、事既に急にして、打ち死にせずば、宮落ち得させ給はじと思えければ、義隆よしたかただ一人蹈み留まりて、追つて懸かる敵の馬の諸膝薙いでは切り据へ、平首切つては刎ね落とさせ、九折つづらをりなる細道に、五百余騎の敵を相受あひうけて、半時許はんじばかりぞ支へたる。義隆、せつ、石の如くなりといへども、その身金鉄きんてつならざれば、敵の取り巻いて射ける矢に、義隆既にじふ余箇所の疵をかうむりてけり。死ぬるまでもなほ敵の手に懸からじとや思ひけん、小竹の一叢ありける中へ走り入つて、腹掻き切つて死にけり。村上父子が敵を防ぎ、討ち死にしけるそのあひだに、宮は虎口に死を御遁れあつて、高野山かうやさんへぞ落ちさせ給ひける。




落ち行く道の軍に、事すでに急を要し、討ち死にしなければ、大塔宮(護良もりよし親王)は落ち得ずと思えて、義隆(村上義隆。村上義光よしてるの子)はただ一人踏み留まって、追って懸かる敵の馬の諸膝を薙いでは斬り据え、平首を斬っては跳ね落とし、九十九折の細道で、五百余騎の敵を受けて、半時ばかり防ぎました。義隆は、節は、石のように固いものでしたが、その身は金鉄ではありませんでしたので、敵が取り巻いて射る矢に、義隆は十余箇所の疵を負いました。死ぬとも敵の手に懸かるまいと思ったか、小竹が一叢ある中へ走り入ると、腹を掻き切って死にました。村上父子(村上義光・義隆)が敵を防ぎ、討ち死にするその間に、大塔宮は虎口に死を遁れて、高野山に落ちて行きました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-04-05 08:08 | 太平記 | Comments(0)

<< 「増鏡」老のなみ(その3)      「太平記」還幸供奉人々被禁殺事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧