人気ブログランキング |

Santa Lab's Blog


「源氏物語」手習(その4)

「おはしまさば、早や。いたづらなる院の寝殿にこそ侍るめれ。物詣での人は、常にぞ宿り給ふ」と言へば、「いとよかなり。公所おほやけどころなれど、人もなく心安きを」とて、見せに遣り給ふ。この翁、例もかく宿る人を見習ひたりければ、おろそかなるしつらひなどして来たり。




宿守は「お出でになられるのなら、お急ぎください。何もない院の寝殿でございますが。参詣の人たちが、いつも泊っておられますから」と言ったので、僧都は「それはありがたいこと。公所([朝廷の所有地])ではあるが、人がいないのはかえって気が楽じゃ」と言って、宿守に様子を見に行かせました。宿守の老人は、いつもこうして泊る人に馴れていたので、簡素な準備をして戻って来ました。


by santalab | 2016-04-10 21:18 | 源氏物語

<< 「源氏物語」手習(その3)      源氏物語 >>
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧