Santa Lab's Blog


「太平記」持明院殿行幸六波羅事(その2)

その後堀河ほりかはの大納言・三条さんでうの源大納言・鷲尾わしのをの中納言・坊城ばうじやうの宰相以下いげ月卿雲客げつけいうんかく二十にじふ余人、路次ろしに参着して供奉ぐぶし奉りけり。これを聞こし召し及んで、ゐん法皇ほふわう・東宮・皇后くわうごう梶井かぢゐ二品親王にほんしんわうまで皆六波羅へと御幸ごかう成る間、供奉の卿相雲客軍勢の中に交はりて警蹕けいひつの声頻りなりければ、これさへ六波羅の仰天ぎやうてん一方ひとかたならず。俄かに六波羅の北の方を開けて、仙院せんゐん皇居くわうきよとなす。事のてい騒がしかりし有様なり。




その後堀川大納言(源具親もとちか)・三条源大納言(中院通顕みちあき)・鷲尾中納言・坊城宰相(勧修寺経顕つねあき)以下、月卿雲客([公卿と殿上人])二十余人が、路次で参着して供奉しました。これを聞き及んで、院(第九十三代後伏見院)・法皇(第九十五代花園天皇)・東宮(後伏見天皇の第二皇子、豊仁ゆたひと親王。後の北朝第二代光明天皇)・皇后(後伏見天皇の第一皇女、珣子じゆんし内親王?後に第九十六代後醍醐天皇の中宮)・梶井二品親王(後伏見院の第六皇子、承胤しよういん法親王)まで皆六波羅に御幸されたので、供奉の卿相雲客軍勢の中に交わり警蹕([天皇や貴人の通行などの時に、声を立てて人々を畏まらせ、先払いをすること])の声がしきりに聞こえて、六波羅の仰天([予想していなかったことが起きて、非常に驚こと])は一方ではありませんでした。急ぎ六波羅の北方を開けて、仙院・皇居としました。なんとも騒がしい様でした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-05-04 08:51 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」崇徳院御事(その1)      「太平記」持明院殿行幸六波羅事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧