Santa Lab's Blog


「太平記」鎌倉合戦の事(その4)

たふの辻の合戦難義なりと見へければ、脇屋左衛門さゑもんすけと、小俣をまた小輔二郎と一手に成つて、二百余騎をめひて懸られけるに、南遠江とほたふみかみ被懸立て、旗を巻いて引き退くを見て、谷々やつやつに戦ひけるつはものども、十方へ落ち散りける間、一所に打ち寄る事不叶して、百騎二百騎思ひ思ひに落ちて行く。されども三浦・石堂が兵ども、余りに戦ひくたびれて、さして敵を不追ければ、南遠江とほたふみの守は、今日の合戦に被打洩、左馬頭を具足し奉て、石浜を差して被落けり。新田左兵衛さひやうゑの佐・脇屋左衛門の佐、二月十三日じふさんにちの鎌倉かまくらの軍に打ち勝つてこそ、会稽くわいけいの恥をきよむるのみに非ず、両大将とあふがれて、暫く八箇国の成敗に被居けり。




塔ノ辻の合戦が難義しているように見えたので、脇屋左衛門佐(新田義貞の弟、脇屋義助の子、脇屋義治よしはる)は、小俣小輔二郎と一手になって、二百余騎喚いて駆けると、南遠江守は駆け立てられて、旗を巻いて引き退くのを見て、谷々で戦っていた兵どもは、十方へ落ち散ったので、一所に打ち寄ることも叶わず、百騎二百騎と思い思いに落ちて行きました。けれども三浦・石塔(石塔義房よしふさ)の兵どもは、あまりに戦いくたびれて、さして敵を追いませんでしたので、南遠江守は、今日の合戦に打ち洩れて、左馬頭(足利基氏もとうぢ。足利尊氏の四男)を具足して、石浜を指して落ちて行きました。新田左兵衛佐(新田義興よしおき。新田義貞の次男)・脇屋左衛門佐(脇屋義治)は、二月十三日の鎌倉の軍に打ち勝って、会稽の恥を雪ぐのみならず、両大将と仰がれて、しばらく八箇国を支配しました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-12 08:19 | 太平記

<< 「太平記」北山殿謀反の事(その15)      One Last Year >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧