Santa Lab's Blog


「太平記」八幡合戦事付官軍夜討の事(その5)

同じき三月二十四日、宰相さいしやう中将殿ちゆうじやうどの三万余騎の勢を率し、宇治路うぢぢまはつて木津河こつがはを打ち渡り、洞峠ほらがたうげに陣を取らんとす。これは河内・東条とうでうの通路を塞ぎて、敵を兵粮にめん為なり。八幡より北へは、和田にぎた次郎左衛門じらうざゑもんとを向けられけるが、楠木は今年二十三、和田は十六じふろく、いづれも皆若武者なれば思慮なき合戦をや致さんずらんと、諸卿悉く危ぶみ思はれけるに、和田五郎参内して申しけるは、「親類兄弟悉く度々の合戦に、身を捨て討ち死に仕りさうらをはんぬ。今日の合戦はまた公私の一大事と存ずる事にて候ふ上は、命をきはの合戦仕て、敵の大将を一人討ち取り候はずは、生きて再び御前おんまへへ帰り参る事候ふまじ」と、申し切つて罷り出でければ、列座の諸卿・国々の兵、あはれ代々の勇士なりと、感ぜぬ人はなかりけり。




同じ(正平七年(1352))三月二十四日に、宰相中将殿(足利義詮よしあきら。足利尊氏の嫡男)は三万余騎の勢を率し、宇治路を廻って木津川を打ち渡り、洞ヶ峠(現京都府八幡市と大阪府枚方市の境にある峠)に陣を取ろうとしました。これは河内・東条の通路を塞いで、敵を兵粮攻めにするためでした。八幡より北へは、和田五郎(和田正隆まさたか)・楠木次郎左衛門(楠木三郎正儀まさのり。楠木正成の三男)を向けましたが、楠木は今年二十三、和田は十六、いずれも皆若武者でしたので思慮なき合戦を致すのではないかと、諸卿は残らず危ぶんでいましたが、和田五郎が参内して申すには、「親類兄弟は残らず度々の合戦で、身を捨て討ち死にしました。今日の合戦はまた公私の一大事と存ずることでございますれば、命を限りの合戦仕り、敵の大将を一人討ち取らずば、生きて再び御前に帰り参ることはございません」と、申し切って罷り出ました、列座の諸卿・国々の兵は、代々の勇士であると、感心しない人はいませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2017-05-27 08:18 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」足利殿東国下向の事付...      「太平記」八幡合戦事付官軍夜討... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧