Santa Lab's Blog


「太平記」南帝八幡御退失の事(その1)

三月十五日より軍始まりて、すでに五十ごじふ余日に及べば、城中じやうちゆうには早や兵粮ひやうらうを尽くし、助けの兵を待つ方もなし。かくてはいかが可有と、云ひ囁くほどこそあれ。やがて人々の気色替はつて、ただ落ち支度の外はするわざもなし。去るほどにこれぞ宗との御用にも立ちぬべき伊勢の矢野の下野しもつけかみ・熊野の湯河ゆかは庄司しやうじ、東西の陣に幕を捨てて、両勢三百余騎降人かうにんに成つて出でにけり。城の案内敵に知れなば、落つるとも落ち得じ。さらば今夜主上しゆしやうを落としまゐらせよとて、五月十一日の夜半計りに、主上しゆしやうをばれう御馬おんむまに乗せ進らせて、前後につはものども打ち囲み、大和路やまとぢへ向かつて落ちさせ給へば、数万の御敵まへよぎり跡に付いて討ち留め進らせんとす。依義軽命官軍くわんぐんども、返し合はせては防ぎ、打ち破つては落とし進らするに、疵をかうむつて腹を切り、蹈み留まつて討ち死にする者三百人に及べり。




(正平七年(1352))三月十五日より軍が始まり、すでに五十余日に及んだので、城中ではすでに兵粮が尽きて、助けの兵も当てはありませんでした。どうすればよいものかと、囁き合いました。たちまち人々の気色は替わって、ただ落ち支度のほかは何もしませんでした。やがて主にご用に立つべき伊勢の矢野下野守・熊野の湯川庄司が、東西の陣に幕を捨てて、両勢三百余騎が降人となって城を出ました。城の案内が敵に知られれば、落ちようとしても落ちることは叶わぬ。ならば今夜主上(第九十七代後村上天皇)を落とし参らせよと、五月十一日の夜半ほどに、主上をば寮の馬に乗せ参らせて、前後に兵どもが打ち囲み、大和路へ向かって落ちようとするところに、数万の敵が前を遮り後に付いて討ち止めようとしました。義により命を軽んじる官軍どもは、返し合わせては防ぎ、打ち破って落とし参らせました、疵を被って腹を切り、踏み留まって討ち死にする者は三百人に及びました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-06-05 07:28 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」南帝八幡御退失の事(...      「太平記」八幡合戦事付官軍夜討... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧