Santa Lab's Blog


「太平記」直冬与吉野殿合体事付天竺震旦物語事(その3)

その中に王たる師子、かの后を口にくはへて、深山幽谷のいはほの中に置奉て、この師子容顔ようがん美麗なる男の形に変じければ、后この妻と成り給ひて、思はぬ山の岩の陰に、年月をぞ送らせ給ひける。始めのほどは后、かかる荒きけだものの中に交はりぬれば、我さへ畜類ちくるゐの身と成りぬる事の心憂さ、何に命の永らへて、一日片時いちにちへんしも過ぐべしと思えず、消えぬを露の身の憂さに思し召ししづませ給ひけるが、苔深き巌は変じて玉楼金殿となり、虎狼野干こらうやかんけて卿相けいしやう雲客うんかくとなり、師子はして万乗の君と成つて、玉位ぎよくいの座によそほひをうづだかくして、袞竜こんりようの御衣に薫香くんかうを散ぜしかば、后早や憂かりし御思ひも消え果てて、連理の枝の上に、心の花のうつろはん色を悲しみ、階老かいらうの枕の下に、夜の隔つるほどをだにかこたれぬべく思し召す。




その中にいた王の獅子は、かの后を口に咥えて、深山幽谷の巌の中に連れ帰ったのだ。獅子は容顔美麗な男の姿に変わり、后は妻となって、思いもしなかった山の岩陰で、年月を送った。はじめの頃は、このような獰猛な獣の中に交わって、我も畜類の身となることを悲しみ、どうして命を永らえて、一日片時も過ごせようと思いながら、消えぬ露の身の悲しみに沈んでおったが、苔深き巌は変じて玉楼金殿となり、虎狼野干([中国で、悪獣の名。狐に似た外見で、木登りがうまく、オオカミに似た鳴き方をするという])は化けて卿相([公卿])雲客([殿上人])となり、獅子は化けて万乗の君となり、玉位の座に装飾を重ね、袞竜([ 天子の礼服につける竜の縫い取り。また、その縫い取りのある衣服])の衣は薫香を漂わせていたので、后は悲しみも消え果てて、連理の枝([男女の契りの深いことのたとえ])の上には、心の花の色あせることを悲しみ、偕老([生きてはともに老いること])の枕の下には、一夜の隔てさえも嘆かわしく思うようになった。


続く


[PR]
by santalab | 2017-06-30 06:58 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」直冬与吉野殿合体事付...      「太平記」直冬与吉野殿合体事付... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧