Santa Lab's Blog


「宇津保物語」楼の上(その8)

小君には、「麻呂が弟におはしけれど、子のやうに思ひ聞こえむ」など、いとよう語らひ聞こえ給ふ。いと思ふやうにめでたき様にて、かうのたまへば、見馴らひ給はぬ幼き心地には、いとうれしくて、「まろも、思ひ聞こえむ」など聞こえ給ふに、「おはせ」とあれば、入り給ひぬ。御乳母めのとなど、限りなく喜ばしう思ふ。




小君には、「わたしの弟ではあるが、我が子のように思うことにしよう」など、懇ろに申しました。願うままのうれしい言葉を、かけられて、慣れぬ幼な心には、とてもうれしくて、「わたしも、そう思うことにします」など答えました、「こちらにおいで」と声がしたので、小君は局に入りました。乳母たちは、限りなくうれしく思いました。


続く


[PR]
by santalab | 2017-12-01 20:51 | 宇津保物語 | Comments(0)

<< 「宇津保物語」楼の上(その9)      「宇津保物語」楼の上(その7) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧