Santa Lab's Blog


「宇津保物語」楼の上(その11)

三日果てぬれば、出で給ひなむとす。「いづくより参り来べき」と聞こえ給へば、「言ひ知らぬ山里のやうになりたる侍り。御覧ぜむにも、いと怪しげになむ侍る」と聞こえ給ふ。




三日経って、女【宰相の上】は石作寺を出ようとしました。大将【藤原仲忠】が「どこから参られたか」と伝えると、「言いようもない山里のような所でございます。ご覧になられましたら、なんと怪しい所かと思われることでございましょう」と返事がありました。


続く


by santalab | 2018-01-03 18:16 | 宇津保物語

<< 「宇津保物語」楼の上(その12)      「宇津保物語」楼の上(その10) >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧