Santa Lab's Blog


「宇津保物語」楼の上(その13)

大将は、やがて殿に参り給ひて、「物忌みし侍らむとて、石作に籠もりて侍りつるに、しかしかの人なむ、いとうつくしげにてこそおはしけれ。はや、今日明日にても、迎へ奉らせ給へ。東の一の対かけてこそは、よく侍らめ」など聞こえ給へば、「いさや。心などの思ふやうによくもあらずは、ためにも、面目なくこそは。左の大臣おとどの、具者ぐさのやうにて、ゆうゆうと引き連れてありき給ふに、一人なれど、かれを押し伏すばかりものし給ふこそ、世の中の人も、『なかなか、かうて』と思ひたるを、なまよろしくてあるべき」とのたまへば、大将・尚侍かん大殿おとど聞こえ給ふ、「すべて、御心せばく思ほせばなりけり。たとひ、人の同胞はらから、なま悪くても、侍らむからに、それに付けてや、覚えの劣らむ。思ふやうにものし給はずとも、それに付けてこそ、いとど、かの優れたる様は見え聞こえ給ふべかめれ。いと心憂き御物言ひなりや。はや迎へ奉り給へ」と聞こえ給へば、「いさ、さ、はや、ともかくも」と聞こえ給ふ。




大将【藤原仲忠】は、すぐに右大臣【藤原兼雅。藤原仲忠の父】の殿に参って、「物忌みしようと、石作寺(かつて、現京都市西京区あたりにあったらしい)に籠もっておりましたが、しかじかの人と、お会いしたのです。はやく、今日明日にでも、迎えられますよう。住まいは東の一の対屋が、よろしいでしょう」と申せば、「それはどうだろう。気が進まぬことよ、お主【藤原仲忠】のためにもならぬであろう、面目が立たぬことよ。左大臣【源正頼】は、まるで具者([供の者])のように、多くの子を引き連れておるが、わしにはそなた一人、だがそなたはかれら【源正頼】を圧倒するほどの勢いぞ、世の中の人も、『なんと、りっぱなことよ』 と思っておるぞ、弟がおるというのはよろしくなかろう」と申しました、大将【藤原仲忠】・尚侍の大殿【藤原仲忠の母。清原俊蔭の娘】が申すには、「何を申します、何とお心の狭いお考えなのでしょう。たとえ、大将【藤原仲忠】の弟の、出来が多少悪くとも、大将【藤原仲忠】の弟なれば、兄弟ですから、評判が悪いはずはございません。望み通りの弟でないとしても、それに付けても、なおさら、大将【藤原仲忠】の優れた様を人は見聞きすることになりましょう。悪く考えすぎです。すぐに迎えなさいませ」と申したので、「ならば、迎えよう、今すぐ、ともかくも」と申しました。



[PR]
by santalab | 2018-01-11 08:29 | 宇津保物語 | Comments(0)

<< 「梅松論」      「宇津保物語」楼の上(その12) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧