Santa Lab's Blog


2014年 06月 07日 ( 1 )



「承久記」新院宮々流され給ふ事(その8)

七条の女院御返し、

荻の葉は 中々風の 絶えねかし 通へばこそは 露もしをるれ

上つ方の御嘆きたぐひなし。下にも哀れのみ多かりけり。




七条院(藤原殖子たねこ)の返事には、

荻の葉のわたしには、風の吹かない時はなくて、いつも悲しみの音を立てています。文を見れば涙がとまりませんが、文が通う間は露が消えることもありませんから。

母の悲しみはとても深いものでした。臣下の者も悲しみばかりが多くありました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-06-07 07:31 | 承久記 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧