Santa Lab's Blog


2018年 01月 10日 ( 1 )



「宇津保物語」楼の上(その12)

同じほどに出で給ふ。御君の御供に、殊に、人もなし。御迎へに参り給へるさるべき人、睦ましき人を、「参れ」とて添へ奉り給ふ。西の大宮なりけり。一町なれど、いみじうあばれて、いと幽かなり。祖母おばも、「かくなむ」と聞き給ひて、限りなく喜び給ふ。人どもに、菓物くだもの・肴など、清げにして出だし給へり。




大将【藤原仲忠】も女【宰相の上】と同じ頃に寺を出ました。君【小君】の供には、これといって、人はいませんでした。大将【藤原仲忠】は迎えに参った供にふさわしい者、懇意の者を、「供に参れ」と申して供に付けました。女の宿所は西大宮大路([大内裏西側に接していた通り])にありました。一町([300坪])の広さがありましたが、たいそう荒れて、たいそうみすぼらしい所でした。祖母は、「かくかくしかじか」と聞いて、限りなくよろこびました。供の者たちに、菓子・肴など、見た目よく出しました。


続く


[PR]
by santalab | 2018-01-10 08:16 | 宇津保物語

    
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧