Santa Lab's Blog


カテゴリ:落窪物語( 80 )



「落窪物語」巻四(その43)

少将、左の大臣おとどに参りて、北の方に、「かうかうなむ侍りつる」。そのことは言はで、「恋しく見まほしくし給ふ」と語れば、北の方「ことわりにこそはあめれ。や渡し奉り給へかし」、少将「そちも、渡れとも思ひ給はざらむに、ふと物し給ひなむ、便びんなかるべき」と言へば、北の方「それも然るべきこと。さらば御みづからおはして、帥の聞かむ折に、御消息とて『いと恋しくなむ思え給ふを、あからさまにもまれ、渡り給へ。遠くおはすべきほども、いと残り少なうなりになれば、いとあはれに心細うなむ。これよりまれ、出で立ち給へ、京におはせむ限りは見奉らむ』とのたまふと聞こえ給はむにつけて、そこに、自づから気色見えなむ。それに従ひて、渡りも迎へもし給へ。そのちひさき君は、その子とは、な知らせさせ給ひそ。御供にてて下り給ふとも、『一人おはせむが心細きに』とて、北の方の添へ奉らせ給ふにてありなむ」とのたまへば、少将、いと思ふやうに、思ひ遣りあり、めでたくぞのたまふ、うれしうあらまほしき御心かな、我が親の、非道に、ただ腹立ち給ふこそ、物言ふ甲斐かひなけれ、と思ひて、「いとよくのたまはせたり。さらば、しか物し侍らむ」とて、殿へ行くも苦しけれど、恋しと思ひ給ふにこそあらめ、と思ひて。




少将(故大納言の三男)は、左大臣殿に参って、北の方に、「四の君が母上と娘にに会いたいそうです」と言いました。母のことは言わずに、「恋しくて会いたい」と書いた四の君のことを話せば、北の方も「当然のことでしょう。すぐに母上と姫君をこちらにお連れして」と答えました、少将は「帥殿(四の君の夫)は、北の方娘が訪ねて来ることを思ってもいないところへ、訪ねるのは、よろしくありません」と言うと、北の方も「それはそうですね。ならばあなた自ら帥殿を訪ねて、帥殿に、母上から文があったと言って『四の君をとても恋しく思います、ほんのわずかの間でも、わたしを訪ねてほしい。遠く離れて行く日まで、残りわずかとなってしまいました、とても心細いのです。今すぐにでも、訪ねてください、あなたが京にいる間に会いたい』と書いてあったことを話せば、きっと、帥殿は返事なさいます。帥殿の意向に従って、北の方を訪ねるもよしこちらへ迎えてもよいでしょう。それから四の君の幼い子ですが、四の君の子であると、帥殿には知らせないでください。供として下るのは、『一人で下るのが心細くて』、北の方が付けてくれたのです」と話しなさいと言うと、少将は、かねがね思っていたことですが、左大臣殿の北の方(落窪の君)には思いやりがあり、気を使ってくださると、うれしくも理想的な人だと思い、我が親(故大納言の北の方)が、道理に外れて、ただただ腹立ちするのを、情けなく思って、「ありがたいお言葉です、ならば、そのようにいたしましょう」と言って、帥殿を訪ねるのも気が引けましたが、母上が恋しく思っているから、と思って行くことにしました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-09-02 06:51 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その42)

しやらむやうもおぼえで、母北の方に言ひ遣る。「かうかうの物どもせよとて、絹どもあめれど、いかがはし侍らむ。殿より侍る人々も若うのみありて、言ひ合はすべき人もなし。いと恋しく思えさせ給ふ、幼き人も見まほしく思え侍るを、忍びて渡り給へ」と言ひ遣りければ、北の方、少将を呼びて「かくなむ言ひたる。夜さり忍びて渡らむ。車しばし」とのたまへば、「忍びてと思すとも、人はまさに知らじや。また、旅立たるに、煌々きらきらしき持ち給へる、子引きさげてたらむ、いと見苦しからむ。失せにける妻の子たちとて、十ばかりなるを、帥は呼び出でて使ひ給ふめれば、いとあはれなめり。我が左の大臣おとどの上に申し給ひて、よかなりとのたまはば、渡り給へ」と言へば、北の方、いと洗はず思ひて、「あの殿の許しなくは、親子のおもても見で、下してむとするか」。ただひそみにひそみ給ひて、「何事も、この殿おはせむ限りは、え易くすまじかめり。我こそ人をば従へしか、人に従ふ身となりにたる、悲しきこと。また、我が言ふこと、同じ心にいらへたる子こそなけれ」とのたまへば、少将、例の、御腹立ち給ひぬと見て、「何しにかは。言ひ合はせ給ふ、便びんなければ、しか申し侍るに、かくさいなむなむ、いと苦しき」とて立ちぬ。うれしと夜昼喜べど、腹だに立ちぬれば、なほ、癖にて、かくなむありける。




どうしてよいのか分からないので、四の君は母である北の方に文を送りました。「帥殿が者たちの装束を用意せよと申して、絹などを与えてくださいましたが、どうすればよいのでしょう。左大臣殿から参った女房たちも若い者ばかりで、相談する相手もおりません。母上を恋しく思い、幼い我が子にも会いたいと思います、どうか忍んで訪ねて来てください」と送ると、北の方は、少将(故大納言の三男)を呼んで「四の君がこう言ってきました。夜に忍び訪ねたいのです。車をしばらく借りますよ」と申すと、少将は「忍んでと言いますが、帥殿に知れないはずはないでしょう。また、旅立つのに、目立つ子を、連れて大宰府に下るのは、よろしくありません。亡くなった妻の子で、十歳ばかりの者を、帥殿は呼んで使うようですので、四の君の子がかわいそうです。わたしがお仕えする左大臣殿の北の方(落窪の君)に申し上げ、よろしいとおっしゃったなら、訪ねなさい」と言うと、北の方は、納得できずに、「左大臣殿の北の方のお許しがなければ、娘の顔も見ないまま、大宰府に下るというのですか」と申しました。ただ口をとがらせて、「何事も、左大臣殿の北の方がいる限りは、簡単にはいかないというのですか。昔は人を従わせていたのに、今では人に従う身になってしまいました、ああ悲しい。また、わたしの言葉に、従う子さえいないとは」と申すと、少将は、北の方がいつものように、腹を立ててしまったと思って、「どうしてそのようなことを申します。相談する他に、四の君と会う方法がないから、そう言っただけのこと、なぜがみがみ申すのです、ああ情けない」と言って出て行きました。左大臣殿の北の方のお陰だと夜も昼もよろこんでいても、腹が立てば、やはり、癖が、出てしまうのでした。


続く


[PR]
by santalab | 2013-09-01 07:15 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その41)

権のかみも蔵人の大夫も、送りせむとて、暇、朝廷おはやけに申して、皆下る。そち、被け物どもし給へば、人々の装束にとて、絹二百ひき、染草ども、皆あづけ給ひたれば、四の君、叢々そうそうと並びて、取り触れむ方なし。




権守も蔵人大夫(帥殿の長男と次男)も、帥殿を見送ろうと、休暇を、朝廷に願い出て、皆見送りに行きました。帥殿は、贈り物として、者たちの装束にと、絹二百疋([一疋]=[二反])、染草([染料になる草])など、すべて与えたので、四の君は、山のような品々が並ぶのを見て、どうすればよいのかと思いました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-31 08:23 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その40)

暮れぬれば、そちいましぬ。御供の人々に物被けさせ給ふ。あるじなどせさせ給ふ。


四日よりは、日けつつなむ出でける。物々しく清げに目安し。面白の駒と一つ口に言ふべきにあらず。帥の言ふ、「罷り下るべきほどいと近し。したたむべき事どもの、いと多かるを、人もなし、渡り給ひね。また、下らむと言はむ人召し集めて、や思ひし立て。日はただ十余日になむある」とのたまへば、女君、「遠かなる所に、頼もしき人々を置き奉りては、いかで」とのたまへば、帥「さは、一人罷り下れとや。ただかく一二日見給ひて止み給ひなむとや思しし」と、うち笑ひ給ふ様、いと安らかなり。女君を、帥、かたちはをかしげなめり、心いかがあらむと、飽かず思ひけれど、かかるやむごとなき人の、わざとし給へるに、今日明日下るべきに捨つべきにあらず、と思ひて、「諸心もろごころに何事もし給へ」とて、にはかに迎ふれば、「しうはあらぬ婿取り。いとう迎ふるは」と笑ひ給ひて、御送り、るべき人々、睦ましき、御前には指し給へり。車三つして渡り給ひぬ。殿よりありける御達ごたち「今は何しにか参らむ」など言ひければ、北の方「なほ参れ」と、強ひて遣り給ひつ。我添ひて歩き給へば、本の御達「いつしかとも代り居給ふかな」「御心いかならむ。君たちの御ため悪しう、いみじうものあるべきかな」「ただ今の時の人の御族とて、押し立ちてあらむかし」など、己がどち、言ひ合へり。初めの腹とて、太郎はごんかみ、次郎は蔵人より叙爵じよしやく賜はりてある、このごろ死にたる腹の女子十、ニつになる男子なむありける。これニ人をなむ、父かなしくすとは愚かなり。




夜が暮れて、帥殿が左大臣殿にやって来ました。大宰府に下る供の者たちに贈り物をしました。見送りの者たちには供宴を設けました。


結婚して四日目からは、帥殿は朝遅くになってから左大臣殿を出て行くようになりました。帥殿は威厳があり清らかで見た目よい人でした。面白の駒と同じように言うべきではありません。帥殿が四の君に言いました、「大宰府に下る日も近くなった。整理しておかねばならないことも、多く残っているが、人もない、わたしの殿に移ってほしい。また、大宰府に下ってもよいと言う者を集めて、あなたも早く準備するように。残り十日余りです」と申したので、四の君は、「遠い所に、頼りになる人々を残して、どうして下れましょう」と答えました、帥殿は「それは、わたし一人で大宰府に下れと言うことか。ただ一二日あなたを逢っただけで終わりにしようと思っているか」と、言って笑いましたが、とてもやさしい口調でした。四の君のことを、帥殿は、「顔かたちは美しいが、心はどうだろうかと、ずっと思っていたが、左大臣殿のようなりっぱな人が、世話する四の君と、今日明日にも下るからと言って別れるべきではない、と思って、「わたしに従ってほしい」と、急ぎ四の君を殿に迎えました、左大臣殿は「悪くない婿取りをしたな。こんなに早く迎えに来るとは」と笑って、見送りに、相応の者たち、四の君と親しい者たちを、先ず帥殿に遣りました。車三台で移りました。左大臣殿より四の君に仕えていた御達([宮中・貴族の家に仕える上級の女房たち])が「なぜ帥殿に移らなければならないのですか」と言うと、左大臣殿の北の方は「とにかく参りなさい」と、強く言って女房たちを帥殿に移しました。北の方が女房たちに付き添いましたが、女房たちは「お仕えする北の方が替わられるとは」「北の方の心はどうでしょう。帥殿のお子たちにはよいことではありません、悲しく思われているのでは」「今の時の人の親族だからと、威張っておられるかも」などと、仲間たちで、言い合っていました。帥殿の最初の妻の子に、太郎([長男])は権守、次郎([次男])は五位蔵人([叙爵]=[六位から従五位下に叙せられること])でした、この頃亡くなった妻には十歳の女の子、二つになる男の子がいました。この二人の子を帥殿はとてもかわいがっていました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-30 19:12 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その39)

そちは、この二十八日になむ、船に乗るべき日、取りたりければ、出で立ち、さらにいと近し。


かくて左の大臣おとどには、三日の夜のこと、今初めたるやうに設け給へり。「人は、ただかしづき労はるになむ、夫の心ざしも、かかるものをと、いとほしきこと添はりて思ひなる。細かにと口入れ給へ。ここにて事始めしたることなれば、愚かならむ、愛ほし」とのたまへば、女君、昔我を見はじめ給ひしこと、思ひ出でられて、「いかに思ほしけむ。阿漕あこきは、心憂き目は見聞かじと思ほえて。いかに、麻呂見初め給ひしり、始めて、やむごとなくのみ思ほし増さりけむ」とのたまへば、殿、いとよく微笑ほほゑみ、「さて、空言ぞ」とのたまひて、近う寄りて、「かの『落窪』と、言ひ立てられて、さいなまれ給ひし夜こそ、いみじき心ざしは、増さりしか。その夜、思ひ臥したりし本意の、皆叶ひたるかな。これが当に、いみじうちようじ伏せて、後には喜び惑ふばかり顧みばや、となむ思ひしかば、四の君のことも、かくするぞ。北の方は、うれしと思ひたりや。景純かげずみなどは思ひ知りためり」などのたまへば、女君「かしこにも、うれしとのたまふ時、多かめり」とのたまふ。




帥殿(四の君の夫)は、今月二十八日に、船に乗ることが、決まったので、旅立ちは、さらに近くなりました。


左大臣殿は、三日夜の餅([三日の餅]=[婚礼後三日目の夜に、妻の家で新郎・新婦に食べさせた祝いの儀式])を、四の君が初めて結婚するように盛大に準備しました。「妻が、夫をただただ大切にお世話すれば、夫(帥殿)の気持ちも、同じように、妻を愛しく思うものです。心細やかに尽くしなさい。この結婚はわたしが言い出したことだから、疎かにすることは、憚られるのだ」と申すと、北の方(落窪の君)は、昔わたしを初めて見た時のことを、思い出して、「わたしの時はどう思われましたか。阿漕は、わたしが悲しい目に遭わないようにしてくれました。なぜ、わたしを初めてご覧になった時より、ずっと、わたしのことを大切にしてくださったのでしょうか」と言うと、左大臣殿は、大きく笑って、「はじめは、冗談だった」と申して、北の方に近く寄って、「『落窪の君』と、言われて、北の方(故大納言の妻)に言い罵られていた夜に、あなたへの想いが、増さったのだ。その夜、あなたを思い添い寝してわたしの思いは、すべて叶った。そのせいで、あなたが北の方にいじめられたので、後には喜び惑うばかりのことをしてあげよう、と思ったのだ、四の君のことも、同じようにしようと。北の方(故大納言の妻)はうれしく思うだろうか。景純(故大納言の長男)などは分かっているようだが」と申すと、左大臣殿の北の方も「わたしにも、うれしいと、何度も申しております」と答えました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-29 20:15 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その38)

四の君、まだとばりの内に寝給へり。北の方「起き給へ」と起こし給ふほどに、その文、持て来たり。男君、取り給ひて、「先づ見まほしけれど、隠さむと思すことも書きたらむ、とてなむ。後には必ず、見せ給へ」とて、几帳きちやうの内に差し入れ給へば、北の方、取りて奉れ給へど、手ふとしも取り給はず。「さは、読み聞こえむ」とて引き開け給ふ。四の君、かの初めの面白が書き出だしたりし文を思ふに、また、さもやあらむ、と胸潰れて思ふに、読み給ふを聞けば、

「あふことの ありその浜の まさごをば けふ君思ふ 数にこそ取れ

いつの間に恋の」となむありける。「御返り、や聞こえ給へ」とあれど、いらへもし給はず。大臣おとど「その文しばし」と、責めてのたまへば、「何のゆかしう思すらむ」とて、また差し入れ給ふ。「早や早や」と、硯、紙、具して、責め給ふ。四の君、返り言も、この殿見給ひつべかなりと、いと恥づかしくして、えとみに書き給はず。「あな見苦し。早や早や」とのたまへば、物も思えで書く。
われならぬ こひの藻おほみ ありそうみの 浜のまさごは 取りつきにけむ

とて、引き結びて、出だし給へれば、大臣「あなゆかしのわざや、今日の返り言は。見で止みぬるこそ、口しけれ」と、言ひ居給へる様、いとをかし。使ひに物被げさせ給ふ。




四の君は、まだ帳([室内や外部との境などに垂らして、区切りや隔てとする布])の内で寝ていました。北の方(落窪の君)が「起きてください」と言って起こすと、使いが帥殿の文(後朝きぬぎぬの文)を、届けに来ました。左大臣殿が、受け取って、「最初に見たいと思ったが、見られたくないと思っていることが書いてあるかもしれない、と開けずに持って来た。あなたが読んだ後、見せてほしい」と申して、几帳([間仕切りや目隠しに使う屏障具])の中にさし入れると、北の方(落窪の君)は、文を取って四の君に差し出しましたが、四の君は受け取りませんでした。北の方は「それならば、読んであげます」といって文を開けました。四の君は、初めての結婚で面白の駒が書いた文を思い出して、また、同じことが書いてあるかもしれないと、胸が潰れたように思っていましたが、北の方が読むのを聞いて、

「あなたに逢って、今朝あなたを想う気持ちは、荒磯ありそ浜(東尋坊=福井県坂井市あたりの海。歌枕)の荒波が真砂をさらう数ほどです。

いつの間にあなたに恋したのか」と書いてありました。北の方は「返事を、早くなさいませ」と言いましたが、四の君は返事もしませんでした。左大臣殿が「その文を見せてくれ」と強く申すと、北の方は「あなたも見たいのですね」と言って、左大臣殿に文を差し出しました。北の方は「早く、早く返事を」と言って、硯、紙を、用意して、四の君に催促しました。四の君は、返事も、左大臣殿に見られると思えば、とても恥ずかしくて、なかなか返事を書くことができませんでした。北の方が「返事を出さないのはよくないわ。早く早く」と言ったので、四の君はとにかく返事を書きました。
わたし以外に、恋の経験など多くおありでしょう。すでに、荒磯ありそ浜の真砂など、取り尽くしてしまわれたのではないですか。

と書いて、文を引き結んで、差し出すと、左大臣殿は「気になるな、今日の返事は。見ないのが、惜しまれる」と、申される様子が、とてもおかしいのでした。左大臣殿は使いに贈り物を与えました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-28 20:18 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その37)

北の方、いかに思ふらむと、泣き給へば、「文度々遣らねど、心長きたぐひなむある。よも愚かに思はじ。難げに心合はぬ気色したるぞ、賢くもあらぬことぞ。先づ君を例の懸想のやうにやは侘び焦られ聞こえし。思ひ出でて時々聞こえしかど、見染め奉りし後なむ、なほざりにて止みなましかばと悔しかりし。さ思ゆるぞをかしき」など語らひ給ひて、二所ながら、起きて、こなたにこなたにおはしぬ。




左大臣殿の北の方(落窪の君)は、四の君が結婚をどう思っているのか、心配になって泣いたので、左大将殿は「文を度々贈って結婚しなくとも、縁が続くことはあるものだ。そんなに心配することもあるまい。難しい顔をして心配しても、仕方のないことだ。第一わたしはあなたに普通の嘆きや恋焦がれての文を贈ったことがありましたか。思い出して時々文を贈ったが、あなたに逢って後に、疎かにも文を贈るのを止めていたらきっと後悔していただろう。そう思えば何とも言えないが」などと話して、二人で、起きて、四の君の許(西の対)を訪ねました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-27 07:25 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その36)

夜うち更けて、帥いましける。少将、しるべして導き入れつ。四の君、人も、言ふ甲斐かひなくもあらず、この殿も、かく居立ちて、し給へば、叶ふまじかりけると思ひなしてなむ、出で給ひける。手当たり、気配けはひなどのかしげなれば、うれしと思ひけり。聞い給ひけむことは、聞かねば、書かず。明けぬれば、出で給ひぬ。




夜が更けてから、帥殿(四の君の夫)が左大臣殿にやって来ました。少将(故大納言の三男)が、先に立って帥殿を西の対屋に招き入れました。四の君は、帥殿の人柄も、申し分なく、左大臣殿さえもが、立って、あれこれ帥殿の世話をするので、四の君もじっとしていられないと思って、帥殿の御前に参りました。手当たり([手に触れた感じ])、感じなどとてもよかったので、四の君はうれしく思いました。帥が四の君に話したことは、聞かなかったので、書けません。夜が明けると、帥殿は帰って行きました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-25 07:34 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その35)

三四日になりて、西の対に、我もろともに渡り給ひぬ。御供の人々、萎えたる、御装束一具よろひづつ賜ふ。人ずくななりとて、我が御人、童一人、大人三人、下仕二人と、渡し給ふ。装束ども、しつらひたる儀式、いと目安し。母北の方、異同胞はらからたち、ただここになむ来ける。暮れゆくままに、出で入り、急ぎ給ふ。兄人せうとの少将、かたじけなくうれしと思ふ。




四の君が左大臣殿に渡ってから三四日が過ぎ、西の対屋([離れ])に、帥(四の君の夫)とともに移りました。四の君の供の者たちの、衣装が古かったので、左大臣殿は装束を一揃えずつ与えました。左大臣殿の北の方(落窪の君)は四の君を世話する者たちが少ないと、自分が使っていた、女童一人、大人(女房)三人、下仕え([院の御所や親王家・摂家などに仕えて雑用を務めた女])二人を、西の対屋に行かせました。装束、準備した儀式の品々は、とてもいいものでした。母である北の方、落窪の君の異母兄弟たちが、左大臣殿にやって来ました。日が暮れるにつれ、左大臣殿は忙しく出入りし、準備を急ぎました。落窪の君の弟である少将は、ありがたくうれしく思いました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-24 07:53 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その34)

左の大臣おとど、待ち受け給ひて、対面し給ひて、あるべき事ども申し給へど、中々、初めよりも、はしたなく恥づかしう思えて、御いらへも、をさをさ聞こえ給はず。この北の方の三つが妹にて、二十五になむおはしける。面白の駒は、十四にて婿取りて、十五にて子生み給へりける。この北の方は二十八になむおはしける。




左大臣殿は、四の君を待ち受けて、対面し、話しておくべきことを四の君に伝えました、四の君は、最初の結婚ではなかったので、きまり悪く恥ずかしく思えて、返事も、満足にできませんでした。四の君は左大臣殿の北の方(落窪の君)より三歳下の妹で、二十五歳でした。面白の駒とは、十四歳で婿取りして、十五で子を生みました。北の方は二十八歳でした。


続く


[PR]
by santalab | 2013-08-23 07:20 | 落窪物語 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧