人気ブログランキング |

Santa Lab's Blog


<   2015年 06月 ( 142 )   > この月の画像一覧



「曽我物語」橘の事(その5)

この言葉に付きて、二十一の君、「何にてか買ひ奉らん。もとより所望しよまうの物なれば」とて、北条ほうでういへに伝はるからの鏡を取り出だし、唐綾の小袖一襲添へ渡されけり。十九の君、なのめならずに喜びて、我が方にかへり、「日来の所望しよまう叶ひぬ。この鏡の主になりぬ」と喜びけるぞ、愚かなる。この二十一の君をば、父殊に不便ふびんに思ひければ、この鏡をゆづりけるとかや。さるほどに、すけ殿、時政ときまさに娘数多あまたある由聞こし召し、伊東にてもり給はず、うはの空なる物思ひを、風の便りに音連おとづればやと思し召し、内々人に問ひ給へば、「当腹たうはら二人は、殊の外悪女あくぢよなり。先腹二十一の方へ、御文ならば、賜はりてまゐらせん」とまうしける。伊東にて物思ひしも、継母ままははゆゑなり。如何にわろくとも、当腹をと思し召し定められて、十九の方へ、御文をぞ遊ばしける。




この言葉を聞いて、二十一の君(北条政子)は、「お代は何にしましょう。そなたが所望しておりました物にしましょう」と申して、北条の家に伝わる唐の鏡を取り出し、唐綾の小袖一襲を添えて渡しました。十九の君(阿波局)は、たいそうよろこんで、我が方に帰り、「日来の望みが叶いました。この鏡の持ち主になることができます」とよろこびましたが、愚かなことでした。この二十一の君を、父(北条時政ときまさ)はとりわけ不憫に思っていましたので、この鏡を譲ったということです。やがて、佐殿(源頼朝)は、時政に娘が多くいると聞いて、伊東での出来事が忘れられず、悲しみに暮れていましたので、風の便りに文を贈ろうと思い、内々に人に訊ねると、「当腹([今の妻の腹から生まれたこと])の二人は、思いの外の悪女です。先腹の二十一の方へ、文を、賜わり参らせましょう」と申しました。伊東での悲しみも、継母故のことでした。どれほどの悪女でも、当腹をと決めて、十九の方へ、文を書きました。


続く


by santalab | 2015-06-02 15:44 | 曽我物語


「曽我物語」橘の事(その4)

されば、この夢を言ひ脅して、買ひ取らばやと思ひければ、「この夢、かへす返す恐ろしき夢なり。よき夢を見ては、三年みとせは語らず。しき夢を見ては、七日の内に語りぬれば、おほきなる慎みあり。いかがすべき」とぞ脅しける。十九の君は、いつはりとは思ひも寄らで、「さては、いかがせん。よきに計らひてびてんや」と、大きに恐れけり。「されば、斯様かやうに、悪しき夢をば転じ替へて、難を逃るるとこそ聞きてさぶらへ」。「転ずるとは、何とする事ぞや。みづから心得難し。計らひ給へ」とありければ、「さらば、売り買ふと言へば、逃るるなり。売り給へ」と言ふ。買ふ者のありてこそ、売られさうらへ、目にも見えず、手にも取られぬ夢の跡、うつつたれか買ふべしと、思ひわづらふ色見えぬ。「さらば、この夢をば、わらは買ひ取りて、御身の難を除き奉らん」と言ふ。「みづからがもとより主、しくとても、恨みなし。御為悪しくは、いかが」と言ひければ、「さればこそ、売り買ふと言へば、転ずるにて、主も自らも、苦しかるまじ」と、まことしやかにこしらへければ、「さらば」と喜びて、売り渡しけるぞ、後に、悔しくは思えける。




ならば、この夢を言い脅して、夢を買い取ろうと思い、「この夢は、重ね重ね申しますが恐ろしい夢です。よい夢は、三年は語らないもの。悪い夢を見て、七日の内に語れば、大きな慎みとなりましょう。どうしたものか」と脅しました。十九の君(阿波局)は、嘘だとは思いも寄らず、「ならば、どうすればよろしいでしょう。何かよい方法はありませんか」と、たいそう恐れをなしました。「そうですね、このような、悪い夢を転じ替えて、難を逃れる方法がありると聞いています」。「転ずるとは、どうすればよいのでしょう。わたしには判りません。どうか教えてください」と申したので、「ならば教えましょう、夢を売り買いすれば、難を逃れることができます。夢を売りなさい」と申しました。買う者があってこそ、売ることもできますが、目にも見えず、手にも取ることのできぬ夢の跡を、現にいったい誰が買ってくれるのかと、十九の君(阿波局)は困ったような顔をしました。二十一の君(北条政子)は「どうでしょう、この夢を、わたしが買い取り、あなたの難を除きましょう」と申しました。「もとはと言えばわたしの夢、悪いことがあったとしても、恨みません。けれどあなたにわるいことが、起こるのではありませんか」と申せば、「先ほど申しましたが、夢を売り買いすれば、難を転じて、あなたもわたしにも、悪いことは起きませんよ」と、まことしやかに言い繕いました、十九の君は「ならば」とよろこんで、夢を売り渡しましたが、後に、悔しく思いました。


続く


by santalab | 2015-06-01 16:28 | 曽我物語

    
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧