Santa Lab's Blog


<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧



「梅松論」(持明院統と大覚寺統の分立)

ここに後嵯峨院、寛元年中に崩御の刻み、遺勅にのたまはく、「一の御子後深草院御即位あるべし。降りの後は長講堂領百八十ヶ所を御領として、御子孫永く在位の望みを止めらるべし。次は二の御子亀山院御即位ありて、御治世は累代敢へて断絶あるべからず。子細あるに依りてなり」と、御遺命あり。これに依りて、後深草院御治世、宝治元年より正元元年に至るまでなり。次に亀山院の御子後宇多院御在位、建治元年より弘安十年に至る迄なり。

後嵯峨院崩御以後、三代は御譲りに任せて御治世相違なき所に、後深草の院の御子伏見の院は一の御子の御子孫なるに、御即位ありて正応元年より永仁六年に至る。次に伏見院の御子持明院、正安元年より同じき三年に至る。この二代は関東の計らひよこしまなる沙汰なり。しかる間、二の御子亀山院の御子孫御鬱憤あるに依りて、またそのことわりに任せて後宇多院の御子後二条院御在位あり。乾元元年より徳治二年に至る。またこの君非義あるに依りて、立ち返り後伏見院の御弟萩原新院御在位あり、延慶元年より文保二年に至る。また御理、運に帰す。後宇多院の二の御子後醍醐御在位あり、元応元年より元弘元年に到る。この如く、後嵯峨院の御遺勅相違して、御即位転変せし事、併せて関東の無道なる沙汰に及びしより、「いかでか天命に背かざるべき」と、遠慮ある人々の耳目を驚かさぬはなかりけり。




後嵯峨院(第八十八代天皇)が、寛元年中に崩御の刻み(後嵯峨天皇が崩御したのは、文永九年(1272))、遺勅に申されたのは、「第一皇子である後深草院(第八十九代天皇。【持明院統】)を即位させよ。位を下りた後は長講堂領(王家領荘園群の一)百八十ヶ所を領地として、子孫は永遠に在位の望みを捨てること。次は第二皇子亀山院(後嵯峨天皇の第七皇子。第九十代天皇。【大覚寺統】)に即位させて、治世が累代([代々])万が一にも断絶することがないように。考えあってのことぞ」と、遺命されたんじゃ。この遺勅により、後深草院のご治世は、宝治元年(1247)より正元元年(1259)までじゃった。亀山院の次に亀山院の皇子後宇多院(亀山天皇の第二皇子。第九十一代天皇。【持明院統】)の在位じゃが、建治元年(1275。正しくは、文永十一年(1274))より弘安十年(1287)までじゃった。

後嵯峨院が崩御された後、三代はお譲りに任せて治世に過ちなどなかったが、後深草院の皇子伏見院(後深草天皇の第二皇子。第九十二代天皇。【持明院統】)が第一皇子(後深草天皇)の子孫じゃったが、即位されて正応元年((1288)。弘安十年(1287))より永仁六年(1298)までおられた。次に伏見院の皇子持明院(伏見天皇の第一皇子。第九十三代後伏見天皇。【持明院統】)は、正安元年(1299。永仁六年(1298))より同じ正安三年(1301)までじゃったの。この二代は関東(鎌倉幕府)の計らいによるものじゃったが道理に背くものであったな。こうして、(後嵯峨天皇の)第二皇子亀山院のご子孫は鬱憤されたが、もっともなことじゃったので後宇多院の皇子後二条院(後宇多天皇の第一皇子。第九十四代天皇。【大覚寺統】)が位に即かれた。乾元元年(1302)(正安三年(1301))より徳治二年(1307)(徳治三年(1308))までじゃったな。またこの君に非義([正義に背くこと。道理に外れること])あって(病いにより崩御)、元通り後伏見院の弟萩原新院(伏見天皇の第四皇子。第九十五代花園天皇。【持明院統】)が在位されて、延慶元年(1308)より文保二年(1318)まで位に即いておられた。道理は、運に帰するということじゃな。後宇多院の第二皇子後醍醐(第九十六代天皇。【大覚寺統】)が在位されて、元応元年(1319)(文保二年(1318))より元弘元年(1331)まで位におられた。こうして、後嵯峨院のご遺勅に相違して、即位が転変したのも、すべて関東(鎌倉幕府)が無道の沙汰に及んだものじゃったから、「どうして天命に背かぬことがあろうか」と、遠慮ある人々は耳目を驚かさぬ([耳目を驚かす]=[世間に衝撃を与える])ことはなかったのじゃ。



[PR]
by santalab | 2018-02-08 10:27 | 梅松論 | Comments(0)


「梅松論」(受禅のこと)

しかるに高時たかときの執権は、正和五年より正中二年に至るまで十ヶ年なり。同じ正中二年の夏、病ひによりて落髪せられしかば、嘉暦元年より守時もりとき維貞これさだを以つて連署なり。これより関東の政道は漸く非義の聞こえ多かりけり。中にも殊更御在位のことを申し違へしかば、いかでか天命背かざらん。

その故は昔より、受禅と申すは代々の帝禅を受け給ひて、御在位の時は儲君ちよくんを以つて東宮に立て給ひしかば、宝祚乱るることのなかりき。あらまし往事を聞くに、天智天皇の御子大伴皇子を差し置き、御弟天武を以つて御位を譲り奉り給ひしかば、御即位の望みなき由を顕はさんがために天武吉野山に入り給ふ処に、大伴皇子天武を襲ひ給ひける間、伊賀・伊勢に御出ありて大神宮を拝し給ひて、官軍を駈りもよふし、美濃・近江の境において合戦を決して、遂に大伴の乱を平らげて位に即き給ふ。清見原天皇これなり。

次に光仁天皇譲りを受け給ふ。則ち子細あるによりて、宰相藤原百川ももかは卿を誅して即位し給ふ。

次に嵯峨天皇の御在位の時、尚侍の勧めによりて平城へいぜいの先帝合戦に及ぶといへども、桓武天皇の叡慮に任せて嵯峨天皇御在位を全うし給ふ。

次に文徳天皇の御子惟喬これたか惟仁これひと御気色何も分き難きに依りて、御即位のこと天気御計らひ難き間、相撲競馬雌雄決して、その勝ちに任せて清和御門御禅を受け給ひける。

保元に鳥羽崩御ありて、十ヶ日のうちに崇徳上皇と御兄弟御位争ひありしかば、勅命に任せて洛中に陣を取り、合戦に及ぶといへども、天の依るに任せて、終に主上御位を全うし給ひて、崇徳院は讃岐国に遷り奉り、院宣を受けし源平の軍士悉く誅せらる。

次に高倉院は賢王にてましましければ、御在位のほどは天下安全にて宝祚久しかるべき所に、安徳天皇三歳にして御即位し給ひける。これは外祖父清盛禅門の計らひなり。剰へ天下の政務をほしいままにせしほどに、則ち天に背きしなり。

次に承久に後鳥羽院、世を乱し給ひしに依りて隠岐国に移し奉る。御孫後堀河天皇を関東より御位に即け奉る。皆一旦御譲りの障害たりといへども、遂に正義に帰するなり。




さて高時(北条高塒。鎌倉幕府第十四代執権)の執権は、正和五年(1316)より正中二年(1325)に至るまでの十年間じゃった。同じ正中二年の夏、病いによって出家して、嘉暦元年(1326)より守時(北条守時。鎌倉幕府第十六代執権)は維貞(北条維貞=大仏おさらぎ維貞)を連署([鎌倉幕府の役職。執権の補佐役であり執権に次ぐ重職])として執権したのじゃ。それより関東の政道はしばらく非義([道理にはずれること])が多く聞こえるようになった。中でもとりわけ在位のことを反故にしたんじゃから、どうして天命に背かぬことがあろうか。

その訳じゃが昔から、受禅([先帝から帝位を譲られて即位すること])と申すのは代々の帝禅を受け、ご在位の時は儲君([皇太子])を東宮に立てるものじゃから、宝祚([天子の位。皇位])が乱れることはなかったのじゃ。粗方昔のことを聞くに、天智天皇(第三十八代天皇)の皇子大伴皇子(天智天皇の第一皇子。第三十九代弘文天皇)を差し置き、弟の天武(第四十代天皇)を位を譲ったもんじゃから、即位の望みがないことを示すために、天武は吉野山に入ったが、大伴皇子が天武を襲ったので、天武は伊賀・伊勢に逃れ大神宮(現三重県伊勢市にある伊勢神宮)を拝して、官軍を駆り集め、美濃・近江の境において合戦を決して、遂に大伴の乱(壬申の乱(672))を平らげて位に即かれたのじゃ。清見原天皇(天武天皇)のことじゃよ。

次には光仁天皇(第四十九代天皇)が譲位を受けられた。すなわち訳あって、宰相藤原百川卿を誅して即位された(百川は、光仁天皇擁立に尽力したとされ、その後要務を勤めた)。

次には嵯峨天皇(第五十二代天皇)ご在位の時、尚侍の勧めにより平城の先帝(第五十一代平城天皇)は合戦(薬子の変(810))に及んだが、桓武天皇(第五十代天皇)の叡慮に任せて嵯峨天皇は在位を全うしたんじゃ。

次には文徳天皇(第五十五代天皇)の皇子惟喬(文徳天皇の第一皇子)・惟仁(文徳天皇の第四皇子。第五十六代清和天皇)に対する寵愛は分け隔てなかったので、ご即位については天気([天子の機嫌])を決めかねて、相撲競馬により雌雄を決し、その勝ち通り清和天皇が禅譲を受けられたのじゃ。

保元(元年(1156))に鳥羽(第七十四代天皇)が崩御されて、十日のうちに崇徳上皇(第七十五代天皇)とご兄弟(第七十五代後白河天皇)が位を争い、勅命に任せて洛中に陣を取り、合戦に及んだが、天の味方によって、終に主上が位を全うし、崇徳院は讃岐国に遷されて、院宣を受けた源平の軍士は残らず誅されたのじゃよ。

次には高倉院(第八十一代天皇)じゃが賢王であられたので、ご在位のほどは天下安全にて宝祚([天子の位。皇位])は久しくあるべきじゃったが、安徳天皇(高倉天皇の第一皇子。第八十一代天皇)が三歳にしてご即位されたのじゃ。これは外祖父清盛禅門(平清盛)の意向じゃった。その上天下の政務をほしいままにしたので、たちまち天に背くことになったんじゃよ。

次には承久に後鳥羽院(第八十二代天皇)が、世を乱して(承久の乱(1221))隠岐国に移されたんじゃ。高倉院のお孫後堀河天皇を関東(鎌倉幕府)の意向により位により即けたんじゃよ。皆一旦譲位に障害があったが、遂には正義に帰したのじゃ。


続く


[PR]
by santalab | 2018-02-07 08:28 | 梅松論 | Comments(0)


「梅松論」(天皇・将軍・執権)

次に四条院、天福元年より仁治三年に至るまで御治世十年なり。

次に後嵯峨天皇、寛元元年より同じき四年に至るまで御治世なり。

次に後深草院、宝治元年より正元元年に至るまで御治世十三年なり。

次に亀山院、文応元年より文永十一年に至るまで御治世十五年なり。

次に後宇田院、建治元年より弘安十年に至るまで御治世十三年なり。

次に伏見院、正応元年より永仁六年に至るまで御治世十一年なり。

次に持明院、正安元年より同じき三年に至るまで御治世なり。

次に後二条院、乾元元年より徳治二年に至る御治世六ヶ年なり。

次に萩原院、延慶元年より文保二年に至るまで御治世十一年。

後醍醐院、元応元年より元弘元年に至るまで御治世十三年。

次に当今の量仁かずひと。また当今豊仁とよひと。およそ人皇始まりて神武天皇より後嵯峨院の御宇に至るまで、九十余代にてまします。

次に治承四年より元弘三年に至るまで百五十四年の間、関東将軍家並びに執権の次第は頼朝・頼家よりいへ実朝さねとも、以上三代武家なり。また頼経よりつね頼嗣よりつぐ、以上二代は摂政家なり。また宗尊むねたか惟康これやす久明ひさあき守邦もりくに、以上四代は親王なり。惣じて九代なり。

次に執権の次第は、遠江守時政ときまさ義時よしとき泰時やすとき時氏ときうぢ経時つねとき時頼ときより時宗ときむね貞時さだとき高時たかとき、以上九代皆以つて将軍家の御後見として政務を申し行ひ、天下を治め、武蔵・相摸両国のかみをもて職として、一族の中の器用を選び著して、御下し文・下知らを将軍の仰せらるるに依りて申し沙汰しける。元三がんさん椀飯おうばん、弓場始め・遅れの座・貢ぎ馬・随兵以下の役職の輩、諸侍どもに対しては、傍輩の義を存す。昇進においては家督を得宗と号す。従四品下を以つて先途として、遂に過分の振る舞ひなくして、政道に専らにして仏神を尊敬し、万民を憐れみ育みしかば、吹く風の草木をなびかすが如くに従ひ付きしほどに、天下悉く治まりて、代々目出度ぞありける。




次は四条院(第八十七代天皇)じゃ、天福元年(1233)より仁治三年(1242)に至るまで治世は十年じゃった。

次は後嵯峨天皇(第八十八代天皇)じゃ、寛元元年(1243)より同じ寛元四年(1246)に至るまで治世された。

次は後深草院(第八十九代天皇。【持明院統】)じゃ、宝治元年(1247)より正元元年(1259)に至るまで治世は十三年じゃった。

次は亀山院(第九十代天皇。【大覚寺統】)、文応元年(1260)より文永十一年(1274)に至るまで治世は十五年じゃった。

次は後宇田院(第九十一代天皇。【大覚寺統】)じゃ、建治元年(1275)より弘安十年(1287)に至るまで治世は十三年じゃった。

次は伏見院(第九十二代天皇。【持明院統】)じゃ、正応元年(1288)より永仁六年(1298)に至るまで治世十一年じゃった。

次は持明院(第九十三代後伏見天皇。【持明院統】)じゃ、正安元年(1299)より同じ正安三年(1301)に至るまで治世された。

次は後二条院(第九十四代天皇。【大覚寺統】)じゃ、乾元元年(1302)より徳治二年(1307)に至る治世は六ヶ年じゃった。

次は萩原院(第九十五代花園天皇。【持明院統】)じゃ、延慶元年(1308)より文保二年(1318)に至るまで御治十一年じゃった。

後醍醐院(第九十六代天皇。【大覚寺統】)は、元応元年(1320)より元弘元年(1332)に至るまでの治世十三年じゃった。

次には今の量仁(北朝初代光厳天皇。【持明院統】)。また今の豊仁(北朝第二代光明天皇。【持明院統】)じゃ。およそ人皇の時代となられて神武天皇より後嵯峨院の御宇に至るまで、九十余代であられるぞ。

次に治承四年(1180)より元弘三年(1334)に至るまで百五十四年の間の、関東将軍家並びに執権の次第じゃが頼朝(源頼朝。鎌倉幕府初代将軍)・頼家(源頼家。頼朝の次男。鎌倉幕府第二代将軍)・実朝(源実朝。頼朝の四男。鎌倉幕府第三代将軍)、以上三代は武家じゃ。また頼経(藤原頼経。鎌倉幕府第四代将軍)・頼嗣(藤原頼嗣。頼経の子。鎌倉幕府第五代将軍)、以上二代は摂政家じゃ。また宗尊(後嵯峨天皇の第一皇子。鎌倉幕府第六代将軍)・惟康(宗尊親王の嫡男。鎌倉幕府第七代将軍)・久明(後深草天皇の第六皇子。鎌倉幕府八代将軍)・守邦(久明親王の子。鎌倉幕府第九代将軍)、以上四代は親王じゃ。合わせて九代じゃった。

次に執権の次第じゃが、遠江守時政(北条時政。鎌倉幕府初代執権)・義時(北条義時。時政の次男。鎌倉幕府の第二代執権)・泰時(北条泰時。義時の長男。鎌倉幕府第三代執権)・時氏(北条時氏。泰時の長男。早世したため執権にはなっていない)・経時(北条経時。時氏の長男。鎌倉幕府第四代執権)・時頼(北条時頼。時氏の次男。鎌倉幕府第五代執権)・時宗(北条時宗。時頼の子。鎌倉幕府第八代執権)・貞時(北条貞時。時宗の嫡男。鎌倉幕府第五九代執権)・高時(北条高時。貞時の三男。鎌倉幕府第十四代執権)、以上九代が皆将軍家の後見として政務を執り行い、天下を治め、武蔵・相摸両国の国守を職として、一族の中の器用([すぐれた才能のある人])を選び出して、下し文([上位者が下位者あてに下した公文書])・下知などを将軍の申されるに従い取り計らったのじゃ。元三の椀飯(鎌倉幕府では元日より数日にわたり、北条氏をはじめとする有力な御家人が将軍に対して太刀・名馬・弓矢とともに椀飯を奉った)、弓場始め(弓奉行。[御弓始め]=[中世以降、毎年正月に幕府で行われた弓を射る儀式])・遅れの座(織手座?平安時代中期以後に摂関家や院庁、寺社が寄人などの形で独自に織手を抱えるようになった)・貢ぎ馬(貢馬こうば奉行。[貢馬]=[幕府から朝廷に献上する馬を将軍が内覧する儀式])・随兵([将軍外出時の護衛のための武装騎馬武者])以下の役職の者ども、諸侍どもは、傍輩([同じ主人に仕えた仲間])に限られておった。昇進においては家督([その家を継ぐべき子])を得宗([鎌倉幕府の北条氏惣領の家系])と呼んでおったんじゃ。従四品下を先途([最高])として、過分の振る舞いもなく、政道に専念して仏神を尊敬し、万民を憐れみ育んだので、吹く風が草木を靡かすように皆人は従ったのじゃよ、天下は残りなく治まり、代々めでたくあったの。


続く


[PR]
by santalab | 2018-02-02 11:21 | 梅松論 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧