Santa Lab's Blog


「落窪物語」巻四(その49)

かくて、いと急がし。今参りども、日に二三人参りぬ。いと華やかなり。少将、これを見るにも、左の大臣おとどをいみじう思ふ。播磨のかみは、国にて、え知らざりければ、人をなむ遣りける。「左の大臣おとどの北の方、この君に、かうかうのことし出で給へり。この月のニ十八日になむ船に乗り給ふ。その国に着き給はむ、あるじ設け給へ」と言ひたれば、守喜び思ふこと限りなし。一つ腹の我だに婿取りせむとは思ひ寄らざりつるを、この君は、なほ我らを助け給はむとて仏神のし給ふ、と思ふ。国の守りののしりて、人々着くべき設けし給ふ。この守、母にも似で、よくなつきける。




こうして、帥たち(四の君の夫)が大宰府に下ることになったので、とても忙しくなりました。今参り([新参])の女房たちが、日に二三人参りました。とても華やかでした。少将(故大納言の三男)はありがたいことと思いました。播磨守(故大納言の長男)は、任地にあって、知らなかったので、人を遣って知らせました。「左大臣の北の方(落窪の君)が、四の君に、帥([大宰府の長官])である夫を世話しました。今月二十八日に船に乗られます。あなたの国に着いたら、宴を設けてください」と言うと、播磨守はとても喜びました。一つ腹([同母])の婿取りをするとは思っていなかったのに、落窪の君は、それ以上にわたしたちを助けようする神仏のようなものだ、と思いました。国守は大騒ぎで、船が着く準備を始めました。播磨守は、母に似ず、人当たりのよい人でした。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-08 07:03 | 落窪物語 | Comments(0)


「平家物語」維盛出家(その5)

一の谷にて備中びつちうかみ討たれさふらひぬ。維盛これもりさへかやうになり候へば、いかに各々の頼りなう思し召され候はんずらんと、それのみこそ心苦しう候へ。そもそも唐皮からかはと言ふよろひ小烏こがらすと言ふ太刀たちは、平将軍へいしやうぐん貞盛さだもりよりこの方、当家たうけに伝へて、維盛までは嫡々ちやくちやく九代くだいあひ当たる。この後もし運命開けて、都へかへり上らせ給ふことも候はば、六代にぶべし』とまうすべし」とぞのたまひける。たけさと涙にむせびうつぶして、しばしはとかうの御ぺんにも及ばず。ややあつて涙を抑へてまうしけるは、「いづくまでも御供申し、最後の御有様をも見まゐらせて後こそ、屋島へも参らめ」と申しければ、さらばとて召し具せらる。善知識ぜんぢしきのためにとて、滝口入道にふだうをも具せられけり。




一の谷で備中守(平師盛もろもり。維盛の弟)が討たれた。維盛(平維盛。清盛の嫡孫)までもそうなったら、お前たちを頼りなく思ってはいるわけではないが、なお心苦しいことだ。そもそも唐皮という鎧、小烏という太刀は、平将軍貞盛(平貞盛)が当家(平家)に伝えて、維盛まで代々九代受け継がれてきたのだ。この後もし平家の運命が明るくなり、都へ帰ることもできれば、六代(平高清たかきよ。維盛の子)に与えよう』と言うつもりであった」と言いました。武里は涙にむせびうつぶして、しばらく返事ができませんでした。少しあって涙を抑えて申すには、「どこまでもお供申し上げ、最後の様子を見とどけさせていただいた後に、屋島に戻りたいのです」と言えば、それならばと供に付けられました。善知識([人々を仏の道へ誘い導く人])のために、滝口入道もお供しました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-08 06:58 | 平家物語 | Comments(0)


「平家物語」維盛出家(その4)

あひ構へて少将せうしやう殿の御心にば従ひまゐらすな』とこそおほさふらひしか。日頃は自然のことも候はば、先づ真つ先に命を奉らうどこそ存じ候ひしに、見捨て参らせておつべきものと思し召され候ふ御心の内こそはづかしう候へ。『この頃は世にある人こそおほけれ』と、仰せをかうむり候ふは、当時たうじのごとくんば、皆源氏の郎等らうどうどもこそ候ふらめ。君の神にも仏にも成らせ給ひなん後、楽しみ栄え候ふとも、千年のよはひるべきか。たとひ万年を保ち候ふとも、つひにははりのなかるべきかは。これに過ぎたる善知識ぜんぢしき、何事か候ふべき」とて、手づからもとどり切つて、滝口入道にふだうにぞ剃らせける。石童丸もこれを見て、元結ひぎはより髪を切る。これも八つより付き参らせて、重景しげかげにも劣らず、不憫にし給ひしかば、同じう滝口入道にぞ剃られける。これらが先立つてかやうになるを見給ふにつけても、いとど心細うぞなられける。「あはれいかにもして、変はらぬ姿を今一度、こひしき者どもに見えて後、かくならば思ふことあらじ」とのたまひけるこそせめてのことなれ。さてしもあるべきことならねば、「流転三界中さんがいちう、恩愛不能だん、棄恩入無為にふむゐ、真実報恩者はうおんじや」と三遍唱へ給ひて、終に剃り下ろさせ給ひてげり。三位中将と与三兵衛よさうびやうゑは、同い年にて今年は二じふ七歳なり。石童丸は十八にぞなりにける。ややあつて舎人とねり武里たけさとを召して、「あなかしこ、なんぢはこれより都へは上るべからず。そのゆゑは終には隠れあるまじけれども、まさしうこの有様を聞いては、やがて様をも変へんずらんと思ゆるぞ。ただこれより屋島へ参つて、人々に申さんずることはよな。『かつ御覧じ候ひしやうに、大方おほかたの世間物憂く、味気あぢきなさもよろづかず添ひて思えしほどに、人々にかくとも知らせ参らせずして、かやうに罷りなり候ひぬることは、西国にてひだん中将ちうじやう失せ候ひぬ。




心を共にして少将殿(平維盛これもり重盛しげもりの嫡男)に従ってくれ』と申されたのです。いつも当然のことと思い、先ず真っ先に我が命に代えようと思っていましたが、維盛殿を見捨てわたしだけ逃げるのではないかと思われているかと思うと面目もありませんでした。『この頃は世に出ようとする者が多くいるからな』と、おっしゃられましたが、今はその通りのこととなって、皆源氏の家来たちばかりです。維盛殿が神にも仏にもなられた後に、楽しみや繁栄があろうとも、千年の齢を経ても仕方ありません。たとえ万年の命を永らえたとしても、終わりがないはずがありません。この機会に過ぎる善知識([人を仏道へ導く機縁となるもの])は、ありましょうか」と言って、自ら髻([髪を頭の上に集めて束ねたところ])を切って、滝口入道(斉藤ときより)に髪を剃らせました。石童丸もこれを見て、元結い際より髪を切りました。石童丸も八歳より維盛に付いて、重景に劣りませんでした、維盛をあわれに思えばこそ、同じく滝口入道に髪を剃らせました。この二人が先ずこのような姿になるのを見て、維盛はいっそう心細くなりました。「ああどうにかして、今の姿をもう一度、恋しい妻子に見せて後ならば、後悔することはないだろうが」と言うのが精いっぱいでした。維盛もなすべきことであれば、「流転([六道・四生の迷いの生死を繰り返すこと])の三界([欲界・色界・無色界の三つの世界])の中に、恩愛([夫婦・肉親間の愛情])を断ち切り、無為([因果の関係を離れ、生滅変化しない永遠絶対の真実])の世界に入り、真実の報恩者([仏・祖師などの恩に感じて仏事・布施などを行う者])となれますように」と三遍唱えてから、髪を剃り下ろさせました。三位中将(維盛)と与三兵衛(重景)は、同い年で今年二十七歳でした。石童丸は十八歳になりました。少しあって舎人武里を呼んで、「決して、お前はこれより都へ上るでないぞ。最後まで隠せ通せることはないだろうが、わたしの妻が今この有様を聞けば、すぐに様を変えて出家することだろう。ここから屋島(今の香川県高松市)に戻って、平家の者たちに知らせてくれ。『知る通り、世の中は辛くなり、耐え難いことも数多くあって、平家の者たちに知らせないまま、維盛が出家の道を選んだのは、西国で左中将(平清経きよつね。維盛の異母弟)が亡くなったからでした。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-07 08:12 | 平家物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その48)

母北の方見るに、そちは、いと物々しく、有様もよければ、「さ言へども、やむごとなき人のし給へることは、こよなかりけり」と喜ぶ。




四の君の母である北の方が見ると、「帥([大宰府の長官]。四の君の夫])は、とても威厳があり、姿かたちもよかったので、「そうは言っても、りっぱな方のなさることは、違いますわ」と喜びました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-07 08:07 | 落窪物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その47)

暮れぬれば、車二つして渡り給ひぬ。四の君、いとうれしと思ひて、日頃の有様語り、娘は、この頃のほどに、いと大きに、をかしう装束さうぞきて居れば、先づ掻き撫でて、いと愛しと思ゆ。「これを、いかにしてて下らましと思ひなむ乱れ侍る。麻呂が子と知られむ、恥づかしきこと」と言へば、北の方「左の大臣おとどの上は、しかじかのたまひける。いとよきことなり。麻呂が着たる物、かの殿より賜はる」と言へば、「かくいみじくのたまひ思しける人を、などて、昔おろかに思ひ聞こえけむ。麻呂が上をなむ、中々親たちに勝りて。殿の御御器ごきをなむ一具よろひ賜へる。人々の装束、几帳きちやう、屏風より始めて、ただ思し遣れ。これ、かくしたまはざらましかば、ここの御達ごたちも、いかが見ましとなむ、うれしき」と言へば、北の方「いやいや継子の徳をなむ見る。さ知り給へれ。このあんなる子ども、努々ゆめゆめ憎み給ふな。おのが子どもよりも、愛しうし給へ。おのれは、昔憎まざらましかば、しばしにても恥を見、痛き目は見ざらまし」とのたまへば、四の君「まことに、ことわり」と言ふ。




日が暮れると、北の方(故大納言の妻)たちが車二台で左大臣殿に訪ねて来ました。四の君は、とてもよろこんで、日頃の有様を話し、四の君の娘が、この頃、とても大きくなって、美しい着物を着ていたので、一番に髪を撫でて、とても愛しいと思いました。四の君は「この子だけは、なんとしても連れて大宰府に下りたいと思って悩んでいます。あの子が面白の駒の子であることが世に知れたら、恥ずかしいので」と言うと、北の方も「左大臣殿の北の方(落窪の君)も、同じことを言っていました。とてもよいことではありませんか。わたしが着ている着物も、落窪の君よりいただいたものなのです」と言うと、四の君は「これほどまでにわたしのことを親切に思ってくださる人を、どうして、昔は嘲っていたのでしょう。あの子を思う気持ちは、わたしたち親よりも勝っています。御器([ふたつきの食器])も一揃えくださいました。わたしたちの着物、几帳([間仕切りや目隠しに使う屏障具])、屏風をはじめ、様々な物でございます。これらのものを、いただかなければ、わたしどもの御達([宮中・貴族の家に仕える上級の女房たち])たちも、わたしのことをどう思うのかと考えると、うれしく思います」と言うと、北の方は「いいえそれが継子の徳と言うものです。ここにおられる帥(四の君の夫)の子どもたちを、けして憎むようなことのないように。我が子よりも、かわいがっておやりなさい。あなたが、昔わたしが落窪の君を憎く思っていたように同じことをすれば、またわたしと同じ恥をかき、痛い目に遭うかもしれません」と申すと、四の君は「本当に、その通りです」と答えました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-06 07:11 | 落窪物語 | Comments(0)


「平家物語」維盛出家(その3)

重景しげかげさふらふべきなれども、その時はいまだ二歳になり候へば、少しも思え候はず。母には七歳にて遅れ候ひぬ。情けを掛くべき親しき者、一人いちにんも候はざりしに、故大臣殿、御あはれみ候ひて、あれは我が命に代はりたりし者の子なればとて、あさゆふまへにて、育てられまゐらせて、生年しやうねん九つとまうしし時、君の御元服げんぶく候ひしよ、かたじけなくもかしらを取り上げられまゐらせて、『もりの字はいへの字なれば、五代に付く。しげの字をば松王まつわうに』とおほせられて、重景とは召され参らせけるなり。そのうへ童名わらはなを松王とまうしけることも、生まれていみじふ日と申すに、父がいだいて参りたりしかば、『この家を小松と言へば、いはうて付くるなり』と仰せられて、松王とは付けられ参らせて候ひけるなり。父がようてしにけるも、我が身の冥加みやうがと思え候ふ。随分ずゐぶん同齢どもにも、芳心ほうじんせられてこそ罷り過ぎ候ひしか。されば御臨終りんじうの御時も、この世の中のことをば、思し召し捨てて、一事も仰せられざりしに、重景を御前へ召して、『あな無惨、なんぢ重盛しげもりを父が形見と思ひ、重盛は汝を景康かげやすが形見と思ひてこそ過ごしつれ。今度の除目ぢもく靫負ゆきへじようになして、父景康を呼びしやうに、召さばやとこそ思し召しつるに、むなしうなるこそ悲しけれ。




重景もけして劣るとは思いませんが、その時はまだ二歳になったばかりのことでしたので、少しも覚えておりません。母は七歳の時に先立たれてしまいました。わたしに情けをかけてくれる者は一人もいませんでしたが、故大臣殿(小松大臣=平重盛しげもり維盛これもりの父)は、とても憐れんで、父(景康)はわが命に代わって亡くなったのだからその子ならばと言って、朝から晩まで御前で、育ててくれました、わたしが九歳の時、維盛殿が元服された時、ありがたいことにわたしも元服させていただき、『盛の字は我が家の字であるから、五代(維盛の幼名。維盛は清盛の祖父である正盛まさもりから数えて五代目)に付ける。重の字を松王(重景の幼名)に』とおっしゃられて、重景と付けられたのです。この上わたしの幼名を松王と申すのも、生まれて忌五十日([五十日いかいはひ]=[生まれて五十日目に祝いを行った])に、父(景康)が抱いて重盛殿を訪ねましたが、『この家を小松と言うから、祝いとして付けてやろう』とおっしゃって、松王と付けられたのです。父が重盛殿のお役に立って死んだのも、我が身の冥加([思いがけない幸せ])だと思っております。随分同じ歳の者たちと比べても、親切すぎるほど大切にされたと思っています。重盛殿が御臨終の時も、この世の中のことは、思い捨てられて、何一つおっしゃられませんでしたが、わたしを御前に呼んで、『ああ残念なことだ、お前はわたしのことを父(景康)の形見だと思い、わたしはお前を景康の形見と思ってきたのだ。今度の除目([大臣以外の諸官職を任命する朝廷の儀式])ではお前を靫負([衛門府])の尉にして、父である景康と同じように、呼び寄せようと思っておったが、叶いそうもないと思うと悲しくて仕方ない。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-06 07:05 | 平家物語 | Comments(0)


「平家物語」維盛出家(その2)

逃れぬべくは、かくてもあらまほしうや思はれけん。明けければ、東禅院とうぜんゐん知覚上人ちかくしやうにんまうひじりしやうじ奉て、出家しゆつけせんとし給ひけるが、与三兵衛重景よさうびやうゑしげかげ石童丸いしどうまるを召してのたまひけるは、「維盛これもりこそ人知れぬ思ひを身に添へながら、道せばう逃れ難き身なれば、いかにもなると言ふとも、なんぢらは命を捨つべからず。この頃は世にある人こそおほけれ。我いかにもなりなん後、急ぎ都へ上つて、各々が身をも助け、かつうは妻子をもはぐくみ、かつうは維盛が後世ごせをもとぶらへかし」とのたまへば、二人ににんの者ども、涙にむせびうつぶして、しばしはとかうの御返事ぺんじにも及ばず。ややあつて、重景涙を抑へてまうしけるは、「重景が父与三左衛門景康よさうざゑもんかげやすは、平治の逆乱げきらんの時、故殿の御供にさふらひて、二条堀川にでうほりかはの辺にて、鎌田兵衛かまだびやうゑと組んで、悪源太あくげんだに討たれ候ひぬ。




維盛(平維盛。清盛の嫡孫)は、もし今の運命から逃れることができるのならば、滝口入道(斎藤時頼ときより)のようになりたいと思ったのでした。夜が明ければ、東禅院(高野山にあった寺院らしい)の知覚上人と言う僧に頼んで、出家しようと思いましたが、与三兵衛重景、石童丸を呼んで維盛が話すには、「わたしは人知れぬ悩みを抱えながら、道狭く逃れることができない身だから、わたしがどうなるとも、お前たちは命を捨ててはならないぞ。この頃では世に出る者も多いのだから。わたしが死んだら、急ぎ都に上って、それぞれ生計を立てて、わたしの妻子も養ってほしい、またわたしの後世([死後の世界])を弔ってほしい」と言いました、二人の者たちは、涙にむせびうつぶせて、しばらくは返事ができませんでした。少したって、重景が涙を抑えて申すには、「わたしの父与三景康は、平治の逆乱(平治の乱(1159))の時、故殿のお供に付いて、二条堀川(今の京都市中京区)のあたりで、鎌田兵衛(源義朝の家臣)と戦って、悪源太(源義平よしひら)に討たれました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-05 07:17 | 平家物語 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その46)

明けぬれば、渡らむの急ぎし給ふ。すくよかなる衣のなきぞ、いといとほしき。「隠しの方にやあらむ」とのたまふ。左の大臣おとど、渡り給ふと聞きて、御衣などは、鮮やかにもあらじ、と思し寄りて、いと清げにし置きたる御衣一具よろひ、また、姫君の御料ごれうなる一領、「ちひさき人に着せ奉り給へ。旅には、あらはなることもあるものぞ」とて奉り給ふ。北の方喜ぶこと、さすが限りなし。「人は、生みたる子よりも、継子の徳をこそ見けれ。我が子七人あれど、かく細かに心知らひ顧みるやはある。物の始めにし、この子のなりの萎えたりつるを思ひつるに、限りなくもうれしくもあるかな」と、例よりも心行き喜ぶも、そち殿へ行けと計らひたるが、限りなくうれしきなりけり。




夜が明けて、北の方(故大納言の妻)は急ぎ出かける準備をしました。けれどちゃんとした着物がなくて、悲しくなりました。「隠れていましょうか」と言いました。左大臣殿の北の方(落窪の君)は、母上が移ることを聞いて、着物など、新しいものはないでしょう、と思って、とても美しい着物を一揃え、また、四の君の姫君へのために一揃え、「幼い子に着せてあげてください。出先では、人に見られることもあるでしょうから」と言って差し上げました。北の方の喜びようといったら、限りないほどでした。「人と言うのは、生んだ子よりも、継子に徳を見せなくては。わたしには子が七人ありますが、これほどに心細やかに気を使う者はいません。初めて、この子が帥(四の君の夫)に会うのに古い着物ではかわいそうだと思っていましたが、限りなくうれしいことです」と、いつになく満足して喜んだのは、帥殿を訪ねるために落窪の君が気をきかせてくれたことが、とてもうれしかったのでした。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-05 07:13 | 落窪物語 | Comments(0)


明日に向かって走れ(その3)

君が望むことであるならば、すべてを許そう。ただ決してデキがよいとはいえないわたし故に腹を立てたり、そうではなくとも無言になったりするに違いないのでけれども、それは拒絶する「何か」がきっとどこかにあるから。それでもそれは「できない」と答えたのではないことを分かってほしい。


いつだって「正しい」なんて思っていないし、ちょっとした齟齬が君を傷付けたのだとしても、ただただ未熟さによるものであって、それを一言「仕方ないわね」で済まされるのも正直本意ではないけれども、どこか「人並み」のところだってあるはずだし。


それでも「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のもまた「人」というものだから、ほんのわずかのすれ違いが「全否定」になるものだし、「塵も積もれば山となる」ってことかな。たしかにちょっとしたことでも一つ一つ片付けていれば結果は違っていたのだろう。それに気付かなかった未熟さを思い知るばかり。


[PR]
# by santalab | 2013-09-04 19:54 | 独り言 | Comments(0)


「落窪物語」巻四(その45)

母北の方の御許に来て、腹立たせ給へる恐ろしさに、ありつるやうに、かうかう、左の大臣おとどの上のたまへること、しかじか、と言ひて、「はかなきことなれど、人に劣るまじく、故あり、賢くこそのたまひしか。心さいはひある者なりける」と言ふ。北の方、行くべきことを限りなく喜びて、「げにげに。よくも思ほし寄りけるかな。三の君も、いざ給へ。夜さりにてもと思ふ」とのたまへば、「いとにはかならむ。明日などやよろしう侍らむ」と言ふ。




少将(故大納言の三男)は母である北の方(故大納言の妻)の許に来て、腹を立ててたらと恐ろしく思いながら、ありのままに、帥(四の君の夫)が申したこと、左大臣殿の北の方(落窪の君)が申したことを、しかじかと、言って、「大したことではありませんが、落窪の君が左大臣殿の妻なのは、訳あってのこと、よいことを申されました。心が美しいからです」と言いました。北の方は、帥殿に移ることを喜んで、「本当ですわ。よく考えてくれました。三の君も、いっしょに参りましょう。今夜にでもと思っています」と申すと、少将は「とても急なことですね。明日にすればどうですか」と答えました。


続く


[PR]
# by santalab | 2013-09-04 07:15 | 落窪物語 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧